生活と手続き・住環境

出産育児一時金

 平成27年1月1日以降の出産 出産児一人につき40万4,000円(産科医療補償制度に加入の場合42万円)鶴ヶ島市国民健康保険の被保険者が出産したとき、支給されます。※社会保険加入の方はご加入の社会保険組合へお問合せください。
※原則として、健康保険から直接医療機関に支払います。
※退院の際は「出産育児一時金」を超えた金額だけを窓口で支払うことになります。「出産育児一時金」よりも入院費用が安くすんだ場合は、健康保険に申請することにより差額を支払います。(出産費用が42万円以下の場合は、市役所にお問合せください。)
※例外として、直接支払い制度を取り扱っていない医療機関もあります。その場合は、医療機関と加入先の健康保険の担当部署にお問合せください。

支給対象者

  • 国民健康保険に加入している方で出産した方
  • 国民健康保険に加入している方で妊娠4か月(85日)以上で死産、流産した方

支給金額

  • 平成27年1月1日以降の出産 出産児一人につき40万4,000円(産科医療補償制度に加入の場合42万円)

届出期日

出産後に受け取り…出産後2年以内

手続きに必要な書類

直接払を利用せず、出産費用を全額支払った方、または直接払利用で出産費用が出産育児一時金を下回った方

保険証、印鑑(朱肉を使用するもの)、母子健康手帳、銀行等の通帳または口座番号の控え、医療機関と取り交わした合意文書、 金額の明細の分かる明細書又は領収書、海外出産の場合は出生証明書(日本語への翻訳付)とパスポート

※流産・死産の場合はお問合せください。

出産費貸付制度

 出産に要する費用が必要な場合に、出産育児一時金が支給されるまで間、無利子の貸付制度があります。

 貸付金額は、出産育児一時金支給見込額の8割相当額を限度とし、返済は出産後に支給される出産育児一時金から返済金に充てます。

 そのため、出産育児一時金を国民健康保険から直接払い制度を利用して医療機関に支払う場合は貸付できません。詳しくは、お問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る