安心・安全

防犯情報

埼玉県警察本部、西入間警察署、鶴ヶ島市等に寄せられた防犯情報を掲載しています。
携帯サイトでは、不審者情報のメール配信サービスを実施しています。ご家庭で、地域でご活用ください。

つるがしまメールマガジン登録はこちらです。
https://www.city.tsurugashima.lg.jp/page/dir000230.html

埼玉県警察 犯罪情報官メールマガジン登録はこちらです。
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kurashi/annai/index.html新しいウインドウで開きます)

 

※防犯情報は、直近2か月以内の事案を掲載します。

 詐欺に注意(4月28日掲載)

4月27日(火曜日)から、脚折2丁目・鶴ヶ丘地内において、息子を騙る詐欺の電話が複数件かかってきています。

息子や孫になりすました犯人から電話があり、仕事に関するトラブルなどを口実に、お金を要求するのは詐欺の手口です。どんなに緊急を要する理由であったとしても、家族が電話でお金を要求してきたら、一度切って自分から掛け直し、必ず確認してください。

また、県内では、宅配業者を装い、家族構成などを聞き出そうとする不審電話も確認されています。

被害に遭わないために、留守番電話に設定する、ナンバーディスプレイで相手を確認してから電話に出るなどし、犯人と話さないようにしましょう。詐欺の対策は犯人と話さないことが一番効果的です。

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。

不審者に注意(4月26日掲載)

4月25日(日)午後4時30分ころ、富士見4丁目地内で遊んでいた小学女児らが、男性にスマートフォンで撮影されたとの情報が寄せられました。
男性の特徴は、年齢30代、身長170cm位、体型やせ型、黒色短髪。

上衣白色長袖シャツ、下衣黒色ジーンズ、黒縁メガネを着用し、黒色ショルダーバッグ所持しています。

お子さんに危険を感じたら、その場から逃げる近くの人に助けを求める防犯ブザーを使用する大声を出すなどを繰り返し指導してください。

危険を感じたら、直ちに110番通報をお願いします。

詐欺に注意(4月14日掲載)

 4月14日(水曜日)、藤金地内において、鶴ヶ島市役所職員を騙る詐欺の電話が複数件かかってきています。

「還付金があります。」などといった電話は、市役所職員になりすまして現金やキャッシュカードを騙し取ろうとする、詐欺の手口です。しかし、市役所や税務署の職員がATM操作をお願いすることは絶対になく、還付金がATMで返還されることはありません。

今回は、ナンバーディスプレイに出た電話番号が非通知であったため、怪しいと思い、電話を切ったことで被害を未然に防ぐことができました。

留守番電話に設定する、ナンバーディスプレイで相手を確認してから電話に出るなどし、詐欺グループと話さないようにしましょう。

 

また、偶数月の15日は公的年金の支給日です。詐欺グループは特に年金支給日の前後を狙って、電話をかけてきます。

ご自身が注意することはもちろん、年金受給者のご家族の方、お知り合いの方がいらっしゃる場合は、注意喚起をお願いします。

詐欺に注意(3月17日掲載)

 3月17日(水曜日)、藤金地内において、鶴ヶ島市役所職員を騙る詐欺の電話が複数件かかってきています。

「還付金があります。」などといった電話は、市役所職員になりすまして現金やキャッシュカードを騙し取ろうとする、詐欺の手口です。詐欺グループは、相手を信用させるために「通知を送ったが確認しているか」などと言い、初めての連絡ではないことを強調し、「受け取りの手続きは今日まで」と焦らせたうえで近くのATMへと誘導します。

しかし、市役所や税務署の職員がATM操作をお願いすることは絶対になく、還付金がATMで返還されることはありません。

今回は、パトロール中の警察がATM付近で声をかけ、被害を未然に防ぐことができました。

「自分は大丈夫」と過信せず、電話でお金の話しが出たら、相手が誰を名乗っていても、まずは詐欺を疑いましょう。一旦電話を切り、自分の把握している親族や市役所の電話番号に電話をかけて確認してください。

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。

詐欺に注意(3月11日掲載)

3月11日(木曜日)、富士見1丁目地内において、市役所職員を騙る詐欺の電話がかかってきています。

詐欺グループは、相手を信用させるために「通知を送ったが確認しているか」などと言い、初めての連絡ではないことを強調し、「受け取りの手続きは今日まで」と焦らせたうえで近くのATMへと誘導します。

しかし、市や税務署の職員がATM操作をお願いすることは絶対になく、還付金がATMで返還されることはありません。

犯人は一人ではなく、複数人が役割を分担し(銀行員、弁護士、警察官)、より巧みに詐欺を仕掛けてこようとすることもあります。

「自分は大丈夫」と過信せず、電話でお金の話しが出たら、相手が誰を名乗っていても、まずは詐欺を疑いましょう。

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。

不審者に注意(3月5日掲載)

3月3日(水曜日)午後3時50分頃、上広谷地内にある商業施設の駐車場内で、小学女児が年齢40代の男に腕をつかまれて「家に来ない。」等と声をかけられたとの情報が寄せられました。

3月4日(木曜日)午後4時頃、富士見2丁目地内で、下校中の女子中学生が、後方から近づいてきた男に「映画みない」等と声をかけられ、腕をつかまれそうになったとの情報が寄せられました。

お子さんに「い・か・の・お・す・し」を合言葉に、繰り返し指導してください。

「いか」= 知らない人についていかない。

「の」=知らない人の車にはのらない。

「お」 = 知らない人に連れていかれそうなったら、おおきな声を出す。

「す」 =危ない時は、すぐ逃げる。

「し」=何かあったら大人にすぐに、しらせる。

危険を感じたら、直ちに110番通報をお願いします。

不審者の特徴はこちら【不審者情報】をご確認ください。

詐欺に注意(3月4日掲載)

3月4日(木曜日)、大字脚折町4丁目地内において、親族を騙る詐欺の電話がかかってきています。

親族になりすまして、現金やキャッシュカードを騙し取ろうとするのは、オレオレ詐欺の手口です。

現金やキャッシュカードを他人に渡したり、現金を振り込んだりしないよう、注意してください。

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。

詐欺に注意(3月1日掲載)

2月26日(金曜日)、上広谷地内において、鶴ヶ島市役所職員を騙る詐欺の電話がかかってきています。

「還付金があります。」などといった電話は、市役所職員になりすまして現金やキャッシュカードを騙し取ろうとする、詐欺の手口です。詐欺グループは、相手を信用させるために「通知を送ったが確認しているか」などと言い、初めての連絡ではないことを強調し、「受け取りの手続きは今日まで」と焦らせたうえで近くのATMへと誘導します。

しかし、市役所や税務署の職員がATM操作をお願いすることは絶対になく、還付金がATMで返還されることはありません。

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。

 詐欺に注意(2月25日掲載)

2月24日(水曜日)から、市内各地において、親族を騙る詐欺の電話が複数件かかってきています。 

電話でお金の話しが出たときは、相手の要求に応じず、一旦電話を切り、自分の把握している親族や市役所の電話番号に電話をかけて確認してください。

現金やキャッシュカードを他人に渡さないよう、注意してください。

「自分は大丈夫」と過信せず、警戒心を忘れずに、在宅時でも留守番電話を設定して詐欺グループと話さないようにするなどの対策をしましょう。また、ご家族と普段から連絡を取り合い、詐欺の対策として合言葉を決めておきましょう。電話がかかってきたときに落ち着いて電話を受けることができます。

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。

不審火に注意(2月24日掲載)

2月20日(土曜日)午前0時50分ころ、坂戸市日の出町地内の駐輪場内で、自転車のペダルが燃える事案が発生し、

2月23日(火曜日)午後0時15分ころ、鶴ヶ島市大字中新田地内で、枯れ草が燃える事案が発生しました。

自宅の建物周辺を整理整頓し、燃えやすい物を置かないようにしましょう。照明器具の設置などにより暗がりをなくし、放火されない環境づくりに努めましょう。 

また、不審火は、人気の少ない公園や畑などが狙われやすいため、畑や雑木林を所有されている方については、落ち葉、枯れ草等の清掃を行うなど、注意をしてください。

不審火を見かけた際は、直ちに110番通報をお願いします。

車上ねらいに注意(2月24日掲載)

2月18日(木曜日)夜から翌19日(金曜日)朝までの間に、大字上広谷地内で、軽乗用車の窓ガラスを割られ、財布等が盗まれる被害が複数件発生しました。

被害に遭わないために、車から離れる際はどんなに少しの間だけだとしても、窓・鍵をしっかり閉めて、貴重品は持ち歩くようにしましょう。警報装置等の盗難防止器具の活用も車上ねらいに効果的です。

不審者を見かけた際は、直ちに110番通報をお願いします。

詐欺に注意(2月19日掲載)

2月19日(金曜日)、大字藤金地内において、鶴ヶ島市役所職員を騙る、電話がかかってきています。

「還付金があります。」などといった電話は、市役所職員になりすまして現金やキャッシュカードを騙し取ろうとする、詐欺の手口です。しかし、市や税務署の職員がATM操作をお願いすることは絶対になく、還付金がATMで返還されることはありません。

また、犯人は一人ではなく、複数人が役割を分担し(銀行員、弁護士、警察官)、より巧みに詐欺を仕掛けてこようとすることもあります。

言われるがまま現金を準備したりせず、一度落ち着いて考え、必ず家族や友人に相談しましょう。

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。

 

振り込め詐欺の予兆電話

市内において振り込め詐欺(オレオレ詐欺)の予兆電話がかかっているとの情報が多数寄せられています。

被害に遭わないために

息子や孫を名乗る不審な電話がかかっています。現金やキャッシュカードを相手に渡さないよう注意してください。落ち着いて判断し、把握している電話番号に自分から折り返す、ほかの家族に相談するなど、詐欺被害に遭わないよう、対策を心掛けてください。電話でお金の話が出たら、まず詐欺を疑い、110番通報しましょう。

連絡先 西入間警察署生活安全課 049-284-0110

 

新型コロナウイルス感染症予防接種の詐欺に注意

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は無料です。

「ワクチンを接種できる。後日全額返金するので、お金を振り込むように。」

「高齢者はワクチンを打てる。予約金10万円を振り込んで。」

といった内容の電話は詐欺です。

言われるがままに現金を準備したりせず、一度落ち着いて考え、必ず家族や市役所、警察に相談しましょう。

被害に遭わないために、電話を留守番電話に設定する・ナンバーディスプレイで相手を確認するなどし、不審な電話に出ない対策をしましょう。

 

また、市役所や保健所が電話やメールで個人情報を聞くことはありません。

市役所職員などになりすまし、個人情報を聞き出そうとする不審な電話も確認されているため、注意してください。

 

不審な電話があった際には、すぐに警察に通報してください。 

 

給付金を偽った詐欺メールに注意

総務省を騙り「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。」と偽って、偽のサイトに誘導するメールの送信が確認されています。
このようなメールやサイトは、政府や市役所によるものではありません。

特別定額給付金について、政府等からメールでお知らせすることもありません。

このようなメールが届いた場合は、リンク先のサイトにアクセスすることなく、メールを削除しましょう。また、警察に相談してください。

 

宅配業者を装うメールに注意

宅配業者を装った「不在通知」の偽メールによる詐欺の被害が増加しています。

詐欺の手口

①携帯に、「お荷物のお届けにあがりましたが不在のため持ち帰りました。下記よりご確認ください。」という内容の偽のメールが送られてきます。

②送られてきたメールには偽サイトに誘導するためのURLが記載されています。

③偽サイトにアクセスして不正なアプリをインストールした結果、消費者のスマートフォンから同じ内容の偽SMSが多数送信されて、身に覚えのない通信料が発生します。また、偽サイトにアクセスしてID・パスワード等を入力してしまった場合はキャリア決済などを不正利用されて、身に覚えのない請求を受けます。

対策

  • メールで「不在通知」が届いても、記載されているURLには安易にアクセスしないようにしましょう。
  • URLにアクセスした場合でも、提供元不明のアプリをインストールしたり、ID・パスワード等を入力したりしないようにしましょう。もしも、偽サイトにID・パスワード等を入力してしまったら、すぐに変更しましょう。
  • 被害を拡大させないために、ID・パスワード等の使い回しはやめましょう。
  • キャリア決済の限度額を必要最小限に設定するか、利用しない設定に変更しましょう。

 

電子マネーを悪用した詐欺に注意

電子マネーを悪用した詐欺の手口は、「アダルトサイトや出会い系サイト、携帯代などの利用料金や退会料金を滞納している」、「早急に支払わないと(連絡しないと)、裁判になる」などとメールや電話で請求し、

  • コンビニエンスストア等で電子マネーを購入するように指示する
  • 購入した電子マネーに記載された番号を写真撮影しメール送信させたり、電話で通知させたりする。

というものです。

防ぐには、身に覚えのない請求には一切応じないことが重要です。相手から電子マネーを購入するように指示された場合は、購入したり、カード番号等を伝えたりせず、あわてずに警察に相談しましょう。

 

工事に関連した詐欺に注意

工事業者を騙り、

  • 突然自宅に訪問してきて、不要な工事を無理やりすすめてくる
  • 強引に工事の契約をさせて、代金の前金を受け取ったあとに逃げられて連絡がとれなくなる
  • 国や市役所から依頼されたなど言い、家の点検をおこない、相場よりも高額な費用を請求してくる

といったケースがあります。

国や市などの公的な機関が個人宅の工事を依頼することはありません。

自分や家族が依頼していないもかかわらず、工事業者がきて強引に工事の契約をすすめてきたら、きっぱりと断り、家にあがらせないようにしてください。家にあがらせてしまうと契約するまで帰らないなどといって、長時間居座られてしまうおそれがあります。無料の工事、点検をすすめ、家にあがろうとする犯人もいますので注意してください。

もしも、工事を本当に必要としていてもその場で契約はせず、必ず家族等の身近な人や消費生活センターに相談をしましょう。

 

不審火

不審火は、人気の少ない公園や畑などが狙われやすいため、畑や雑木林を所有されている方については、落ち葉、枯れ草等の清掃を行うなど適正な管理をお願いします。また、ご自宅でも燃えやすい物を建物の周りに置かないなど、不審火には十分注意をお願いします。

放火を防ぐためには

  • 家の周りや共同住宅などの共用部分には、燃えやすいものを置かない。
  • ゴミは決められた日の朝に出しましょう。
  • 物置や車庫、門扉には鍵をかけましょう。
  • 夜間、建物の周囲は明るくしましょう。
  • 地域ぐるみで放火防止に取り組みましょう。

 

ひったくり

被害防止のために

自転車のカゴには、ひったくりカバーをつけましょう。多少面倒でもカバーは、かなり有効です!必ずつけましょう!

  • 携帯電話を操作しながら、音楽をヘッドフォン等で聴きながらの歩行は、注意力が散漫になりやすく、危険なのでやめましょう。
  • 少し遠回りになっても明るく人通りの多い道を通行しましょう。
  • 不審者発見の際は、110番を!

 

侵入窃盗(空き巣など)

被害に遭わないために

泥棒は、侵入しやすい家を狙いますので、出入口や窓には、しっかり鍵締りをする他、補助錠をつけることが有効です。補助錠をつける場合は、ドアや窓の上方(つまり開錠しにくい位置)につけましょう。窓ガラスに防犯フィルムを貼るのも有効です。

被害に遭わない環境づくりを!みんなで防犯!

泥棒は、人の目を嫌います。近所の目が肝心です!不審者発見の際は110番通報を!
連絡先 西入間警察署生活安全課 049-284-0110

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは安心安全推進課です。

鶴ヶ島市役所 3階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る