生活と手続き・住環境

国民健康保険

概要

国民健康保険(国保)は、突然の病気やけがに対して安心して医療が受けられるように、加入者が普段から保険料を負担し、お互いに助け合うという医療保険制度のひとつです。職場の健康保険に加入しているか、生活保護を受けている人以外は、国民健康保険に加入しなければなりません。

運営のしくみ

平成29年度までは、市町村がそれぞれの保険者となり運営していましたが、平成30年度からは県と市町村が共同保険者となり運営します。県の役割としては、財政運営の責任主体となり安定した財政運営や効果的な事業運営の中心的な役割を担います。市の役割としては、資格の管理や国民健康保険税の賦課・徴収等の業務を行い、窓口は今までとは変わらず市町村となります。

対象

年齢0~74歳の人で次のいずれかに該当する方

  • 鶴ヶ島市に住んでいる人で、職場の医療保険(健康保険、共済組合など)に入っていない方や、生活保護を受けていない方
  • 適法に3か月を超えて在留する外国人で市内に住所を有する方

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る