1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 生活と手続き・住環境
  4. 環境
  5. 熱中症に関する分析(平成28年~令和3年度)
生活と手続き・住環境

熱中症に関する分析(平成28年~令和3年度)

 鶴ヶ島市気候変動適応センターでは、坂戸・鶴ヶ島消防組合から提供のあった平成28年度~令和3年度の市内における熱中症による救急搬送者138名の方の状況分析を実施しました。分析の結果から以下のような傾向が明らかになっています。

発生時期について

 

7月、8月で全体の約8割5分強を占めています。

早い時期だと4月27日、遅い時期だと9月19日まで熱中症の搬送があります。

発生時刻について

 

13時台がピークで、10時から16時台で全体の約7割弱を占めます。

0,3,6,21-23時台等比較的涼しいと思われる時間帯でも救急搬送は発生しています。

年齢について

 

外で運動する機会の多い11-20歳が約2割弱、61歳以上が約5割強を占めています。

 

発生者数÷それぞれの人口で出した年代別搬送割合から見ると、81歳以上の搬送割合が多いことが読み取れます。

男女比について

搬送者数全体の6割5分強が男性となっています。

搬送場所について

屋外のイメージが強いですが、屋内と屋外の搬送者数はほとんど変わりません。

搬送者の症状について

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2021年10月25日
このページを印刷する
スマートフォン用ページで見る