安心・安全

大雪に備えましょう

 平成26年2月、鶴ヶ島市を含め関東甲信地方は、記録的な大雪に見舞われました。
 降雪時・降雪後は、不要な外出は、避けましょう。特に、車で出かけた場合、タイヤが雪に埋まり、立ち往生する恐れがあります。これはドライバーにとって、思わぬ事故を招くだけではなく、除雪や緊急車両の通行の障害にもなり、大変危険です。自家用車での外出は、なるべく控えましょう。やむを得ず外出する際は、テレビやラジオ、インターネットなどで最新の気象情報を確認した上で、次の点に気を付けましょう。

雪道を歩くときのポイント

  1. 靴は滑りにくいものを選び、足元に注意して、小さい歩幅でゆっくりと歩きましょう。特に、車の出入口やバス停など、人や車の出入りが多いところは、滑りやすくなっていますので、十分注意しましょう。
  2. 通勤・通学の際は、焦らず、いつもよりも早く家を出るなどして、余裕を持って行動しましょう。
  3. 転んだときのけがを防ぐために、帽子や手袋を着用しましょう。また、ポケット等に手を入れたまま歩くと大変危険です。絶対にやめましょう。
  4. 軒下は、雪が滑り落ちてくる恐れがありますので、近づかないようにしましょう。
  5. 雪で地面が覆われているために、誤って側溝や用水路に転落しないように注意しましょう。

雪道を運転するときのポイント

  1. 余裕のある運転計画を立て、焦らず、慎重に運転することを心がけましょう。
  2. スタッドレスタイヤを装着するなど、出発前にしっかりと対策しましょう。更に、タイヤチェーンも積んでおくと、安心です。
  3. 急ブレーキ、急発進、急ハンドルはスリップの原因になります。ゆっくりと、一定の速度で走行するようにしましょう。
  4. 交差点や車両の出入口などの車の走行が頻繁なところや坂道は、特に滑りやすくなっていますので、十分注意しましょう。

安全な雪かきを心がけましょう

 慣れない雪かきは、事故やけがのもととなります。次の点に気をつけて、安全に作業をするようにしましょう。

  1. 降り積もった雪は、非常に重くなります。こまめに家の周りの雪かきをしましょう。
  2. 屋根から落ちてくる雪に注意しましょう。
  3. 高い場所の雪下ろしをする際には、はしごを固定したり、ヘルメットをかぶるなど、しっかりと安全対策を行いましょう。
  4. 自宅敷地内の雪を車道や歩道へ出すと、道幅が狭くなるばかりでなく、歩行者や車の交通の妨げや事故の原因になり非常に危険です。敷地内の雪は、敷地内で処理するようご協力をお願いします。

日頃から準備を

 雪のときに適切に対処し、思わぬ事故を防ぐには、日頃から備えをしておくことが重要です。昨年の大雪のときは、鶴ヶ島市では、カーポートやビニールハウス等の被害が多数報告されました。これらの建物は雪に対して脆弱であるため、耐雪化を行っておきましょう。また、降雪時や降雪後は、車で外出することが困難になりますので、慌てて買い物に行く必要のないように個人で備蓄を心がけることが重要です。これは雪のときだけではなく、地震やその他の災害にも有効です。

  1. カーポート、ビニールハウス等の耐雪化を行いましょう。
  2. 雪の重みによる建物の倒壊を防ぐために、早めに雪下ろしをしましょう。
  3. ビニールハウスが倒壊する恐れがあるときは、ビニールを引き裂き、ハウスの中に雪を落としましょう。
  4. スコップ等の除雪用具を常備しておきましょう。
  5. 懐中電灯やラジオ、食料、飲料水などの準備をしておきましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは安心安全推進課 防災担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る