雑がみを「ごみ」から「資源」に!

雑がみとは?

雑がみとは、新聞紙・紙パック・段ボール以外のリサイクルできる紙です。例えば、ティッシュペーパーやラップの箱、お菓子の紙箱、包装紙、トイレットペーパーの芯、カレンダーなどです。きちんと分別することで、絵本や段ボールに生まれ変わります。

ティッシュ  ラップ お菓子の箱

高倉クリーンセンターで処理している燃やせるごみの中で、紙・布類が最も高い割合を占めています。その中には、まだまだリサイクルできる雑がみがたくさん含まれています。雑がみは「燃やせるごみ」に出さずに、「紙・布類」に出しましょう!

市では、ごみ減量の取組みとして、5R(※)を推進しています。雑がみをリサイクル(再生利用)することで、リデュース(ごみの発生抑制)もすることができ、ごみ減量に大きく貢献します。

※5R…Reduce(リデュース/ごみの発生抑制)、Reuse(リユース/再使用)、Recycle(リサイクル/再生利用)、Refuse(リフューズ/ごみになるものは受け取りを拒否)、Repair(リペアー/修理して使用)

雑がみ分別のコツ!

リサイクルは、資源化できるものをしっかり分け、異物を混入させないようにすることが重要です。異物が混入してしまうと、リサイクルが困難になってしまいます。

リサイクルできないものを覚える 

・防水加工されたもの

・臭いや汚れのついたもの

・感熱紙

・かばんや靴の詰め物の紙

・ビニールコーティングされたもの  など

ビニコ

★ビニールコーティングの見分け方!

紙を少し破ってみて、ビニールが伸びて簡単に破れないようであれば、ビニールコーティングされた紙です。

詳しくは、雑がみ分別表をご覧ください。

雑がみ袋を用意する

ごみ箱の近くに、いらない紙袋を置いておけば、捨てる際に自然と分別でき、お菓子の紙などのリサイクルがぐんと進みます。また、いらない紙で簡単に雑がみ袋をつくることができます。

作り方は、雑がみ袋のつくり方をご覧ください。

出し方のコツ!

「紙・布類」は、『雑がみ』『新聞紙』『ダンボール』『紙パック』『布類』に分けて出してください。形のバラバラな雑がみは、雑がみ袋や封筒にまとめ、いっぱいになったら、雑誌などとまとめてひもで縛って出します。

 広報①広報②広報③

※雨などに濡れるとリサイクルできないことがあるので、雨の日には出さないようご協力ください。

紙・布類は、地区ごとに定められた収集日にごみ集積所に出してください。

A地区 第1・3水曜日
B地区・D地区 第2・4水曜日
C地区 第2・4月曜日

 

持続可能な循環型社会を目指すために、紙・布をリサイクルするのはもちろん、再生利用された紙製品を利用するなど、資源を循環させることも大切です。身近な「雑がみ」のリサイクルから、地球の未来に向けてリサイクルの輪を広げてみませんか。
   

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファクス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?