食品ロスをへらしましょう!

食品ロスとは

 食品ロスとは、まだ食べることができるのに、捨てられている食べ物のことです。日本では、年間522万t(令和2度推計値)も発生しています。これを日本人1人あたりに計算すると、1年で約41kg、毎日茶碗約1杯分のご飯を捨てていることになります。
 食品ロスがへらせれば、廃棄物処理に係るお金がへるだけでなく、食料生産にかけられた膨大な資源の無駄がなくなります。また、温室効果ガスもへり、環境への負担が少なくなります。大切な食べ物を無駄なく食べましょう。

 食品ロスは大きく分けると下記2つに分けることが出来ます。
 1.事業活動を伴って発生する食品ロス・・「事業系食品ロス」  
 2.各家庭から発生する食品ロス・・・・・「家庭系食品ロス」  

522万tのうち  事業系食品ロスは275万t  家庭系食品ロスは247万tとなっています。

 

食品ロスをへらそう

≪事業系食品ロスをへらすために≫
 
食べ物を買うお店、食べるお店でも食品ロスをへらすことを意識することが大切です。皆さんのちょっとした行動が食品ロスをへらします。

  • 食べ物を買うお店や食べるお店では、奥から商品をとらずに、陳列されている賞味期限の順番に買いましょう
  • 賞味期限の近い値引き商品を買いましょう
  • 買い物に行くときは少量パック等を利用し、必要な量を買うようにしましょう
  • 食べきれる分量を注文して、食べ残しを出さないようにしましょう

≪家庭系食品ロスをへらすために≫
 
お家でできることも始めてみましょう。

  • 買い物に行く前に冷蔵庫の中身を確認して、必要なものを必要な分だけ買いましょう 
  • 冷凍保存するなど、食材の保存方法を工夫しましょう
  • 週末は、冷蔵庫の中のお片付け。余った野菜でスープを作るなど、食材を使い切りましょう 
★おススメ コンソメスープの献立(2人分)★

【材料】 ・水 200cc.     
     ・白菜 200g  
     ・にんじん 1/4個  
     ・たまねぎ 1/4個   
     ・コンソメ顆粒 小さじ1  
     ・塩コショウ適量  
      あったら
     ・しめじなどのキノコ類 ひとつかみ  
     ・ソーセジ2~3本やベーコン1~2枚  

【作り方】

  1.  具材を一口サイズに切り、キノコ類はほぐします
  2.  お鍋で具材を炒め、しんなりしてきたらお水とコンソメ顆粒を加えます
  3.  沸騰したら、5分くらいコトコト弱火で煮ます
  4.  仕上げに塩コショウで味を調えたら完成です

 ※お水の代わりにトマトの水煮の缶詰めを使用するとトマトスープの出来上がり!
  (砂糖を加えると酸味が抑えられます。)
 ※お水を少し減らして、余っていた豆乳を加えれば豆乳スープの出来上がり!
  いろいろアレンジして、皆さんのお家のオリジナルスープを作ってみてください♪

 

■[食品ロス削減]食べもののムダをなくそうプロジェクト(消費者庁HP)

■食品ロスポータルサイト(環境省HP)

■食品ロスの削減(埼玉県)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 環境推進担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファクス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?