子育て・教育・健康・福祉

認知症ケアパス

 

 認知症とは、様々な原因で脳の細胞が縮んだり、働きが悪くなるために、「物事を記憶したり、判断する能力」や「時間や場所、人などを認知する能力」などが低下し、日常生活の中で支障をきたしている状態です。認知症になると何もできなくなると思われがちですが、周りの方のサポートや、安心できる環境、適切な治療があれば、認知症になっても自分らしい生活を長く続けることができます。また、早期に診断され、治療を受けることで、治る病気があったり進行を遅らせることができます。認知症は、早期発見・早期治療が大事です。

市では、認知症になっても安心して暮らせるまちをめざして、認知症の方やご家族を支える取り組みをまとめた「認知症ケアパス」を作成しています。誰もが住み慣れた地域で安心して暮らしていくためにご活用ください。 

「認知症ケアパス」は市役所健康長寿課、地域包括支援センター、市民センターで配布しています。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康長寿課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る