1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 文化・スポーツ・市民活動
  4. ホストタウン
  5. 「新春!ミャンマー人が教えるそば打ち体験教室」を開催しました
文化・スポーツ・市民活動

「新春!ミャンマー人が教えるそば打ち体験教室」を開催しました

ホストタウン交流事業の一環として、「新春!ミャンマー人が教えるそば打ち体験教室」を開催しました。

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、市では、誰もが親しみやすい「食」による交流を通して、市民の皆さんがミャンマーのことを学び、相互交流を図りながら市全体でミャンマーを応援できるようにしています。

開催日時

平成31年1月26日(土曜日) 10時~13時

開催場所

農業交流センター

参加者

市民の皆さん、講師及び協力者をあわせて22名が参加

 

そば打ち体験教室

日本で活躍されているミャンマー出身のキンモーモーさんを講師に招き、そば打ち体験教室を開催しました。

参加者は、キンモーモーさんのデモンストレーションを見た後、グループに分かれてそば打ちを体験しました。デモンストレーションはミャンマー産のそば粉で、参加者は日本のそば粉を使ってそばを打ちました。

そば打ち後は、参加者全員で、ミャンマー産のそば粉と日本のそば粉それぞれで打ったそばを食べ比べながら、交流を深めました。

『『『『『そば打ちモーモーさん』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像 『『『モモさん』の画像』の画像』の画像

 

『『『『そば打ち体験(1)』の画像』の画像』の画像』の画像 『『『『そば打ち体験(3)』の画像』の画像』の画像』の画像

 

『『『『『『『『そば試食(1)』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像 『『そば』の画像』の画像

 

ミャンマーでの”そば”栽培について

ミャンマーでは、かつて麻薬の原料となるケシの栽培が行われていましたが、1990年代に日本の支援により ケシの代替作物として、そばの栽培が始まりました。ミャンマーの北部では、そばを栽培するために適した冷涼な気候条件のもとで、品質の良いそばが実るそうです。

 

ミャンマー民族舞踊の披露

そば打ち体験の後、講師のキンモーモーさんがミャンマーの民族舞踊を披露しました。ミャンマーの民族衣装や民族舞踊を鑑賞し、ミャンマーの文化に触れる機会となりました。

『『『そば民族舞踊(1)』の画像』の画像』の画像 『『『そば民族舞踊(2)』の画像』の画像』の画像 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはオリンピック・パラリンピックプロジェクトチームです。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2019年1月31日
このページを印刷する
スマートフォン用ページで見る