1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 生活と手続き・住環境
  4. 税金
  5. 市民税
  6. よくある質問-扶養範囲(2件)-
生活と手続き・住環境

よくある質問-扶養範囲(2件)-

Q.夫の扶養に入りたいんだけど、いくらまで働けますか?

A.税法上の夫の扶養になるには、令和3年度以降は所得で48万円(パート収入のみの場合は103万円)までになります。

 ※令和2年度以前は、所得で38万円(パート収入のみの場合は103万円)までとなっています。

Q.扶養の範囲内(給与収入103万円以内)で働いているのだけれど、市から納税通知が届いたのはなぜですか?

A.市から届いた納税通知書は『市民税・県民税』の納税通知書です。
 この市民税・県民税(総称して『住民税』と言われます。)とは、前年中の個人の所得が一定額を超えると課税されるもので、国に納める所得税とは別に鶴ヶ島市と埼玉県に納めていただく税金です。
 また、市民税・県民税は均等割と所得割の2つからなっており、それぞれの基準額が決まっています。

 均等割については、令和3年度以降は所得で38万円(給与収入でいうと93万円)を超えた場合に5,000円がかかるものです。                                                        

 ※令和2年度以前は所得で28万円(給与収入でいうと93万円)を超えた場合に5,000円がかかります。

  所得割については、令和3年度以降は所得で45万円(給与収入でいうと100万円)を超えた場合で、所得から社会保険料控除や扶養控除等の合計額を差し引いてもなお所得が残っている場合に、税率を掛けたものが課税になります。       

 ※令和2年度以前は所得で35万円(給与収入でいうと100万円)を超えた場合で、所得から社会保険料控除や扶養控除等の合計額を差し引いてもなお所得が残っている場合に、税率を掛けたものが課税になります。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る