子育て・教育・健康・福祉

海外に渡航する際の感染症予防について

 海外渡航中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるように、感染症の予防対策をとりましょう。

海外での感染症予防のポイント

 海外で感染症にかからないようにするために、感染症に対する正しい知識と予防に関する方法を身につけましょう。渡航先や渡航先の行動によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。日本で発生していない、動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあり、注意が必要です。世界保健機関(WHO)が排除、または根絶を目指している麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)及びポリオは、日本での患者は減少傾向または発生していないものの、海外では感染することがあり、注意が必要です。

渡航の前には・・・

 検疫所のホームページ(新しいウインドウで開きます)や外務省の海外安全ホームページ(新しいウインドウで開きます)で渡航先の感染症の発生状況に関する最新情報や注意事項を確認しましょう。
 海外渡航の前に、これまでに受けた予防接種について確認しましょう。国内の感染症を海外に持ち出さない、または海外の感染症を国内に持ち込まないために、国内で予防接種が推奨される疾患であって、予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。
 予防接種を受ける場合には、余裕を持って医師にワクチン接種の相談をしておくなど、適切な感染予防を心がけましょう。

渡航中及び帰国後に体調が悪くなったら・・・

 空港や港に設置されている検疫所では、渡航者の方を対象に健康相談を行なっています。帰国時に発熱や咳、下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合、または動物にかまれたり、蚊に刺されたなど健康上心配なことがありましたら、検疫官に相談しましょう。
 感染症には潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が数日から1週間以上と長いものもあり、帰国後しばらくしてから具合が悪くなることがあります。その際は早急に医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、現地での飲食状況等について必ず伝えましょう。
 その他、心配なことがありましたら、最寄の保健所(鶴ヶ島市の場合、坂戸保健所)にお問合せください。
 詳しくは、厚生労働省ホームページ(新しいウインドウで開きます)をご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センター 保健予防担当です。

〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る