産業就労・都市計画・事業者向け情報

病害虫・技術対策情報

さといも疫病の発生に注意してください。

全国有数のさといも産地の入間地域で、昨年、さといも疫病が発生しました。今年も引き続き注意が必要です。ご自身のさといもが病気の発生源にならないようにご注意ください。

詳しくは、添付ファイルをご参照ください。

「家庭菜園でさというもを栽培しているみなさんへ」(新しいウインドウで開きます)

「2020年版 サトイモ疫病対策」(新しいウインドウで開きます)

シマジロクサヨトウ被害の拡大防止について

主にトウモロコシ、イネ、サトウキビ、サツマイモ、野菜類を食害します。令和元年7月時点で、九州・沖縄で発生が確認されており、飛翔距離が長く、繁殖力が強いため、被害の拡大が懸念されます。

詳しくは、添付ファイルをご参照ください。

「ツマジロクサヨトウ」にご注意ください。(新しいウインドウで開きます)

ウメ輪紋病の早期発見に御協力ください

主にウメ、モモ、スモモ、アンズ、オウトウ、ユスラウメなどが感染し、果実の奇形や早期落果などの被害を起こす恐れがある「ウメ輪紋病」の早期発見とまん延防止のため、埼玉県ではリーフレットを作成しました。

詳しくは、添付ファイルをご参照ください。

ウメ輪紋ウイルスについて(新しいウインドウで開きます)

クビアカツヤカミキリ被害の拡大防止について

埼玉県内において、クビアカツヤカミキリによるサクラやスモモ等の果樹に対する被害が確認されています。

クビアカツヤカミキリは、特定外来生物に指定されており、幼虫はモモ、スモモ、ウメ、サクラ等の主にバラ科樹木の内部を激しく食い荒らし、大量のフラス(糞と木屑が混ざったもの)を排出します。1本の樹体に複数の個体が侵入すると、樹体が枯死することもあります。

詳しくは、添付ファイルをご参照ください。

クビアカツヤカミキリの被害防止対策(新しいウインドウで開きます)

病害虫発生予察注意報について

埼玉県病害虫防除所より、令和2年度病害虫発生予察注意報第2号が発表されました。

埼玉県内において、ネギの圃場等で「シロイチモジヨトウ」の発生が平年より多く確認されています。

詳しくは、下記ページをご参照ください。

埼玉県病害虫発生予察注意報(新しいウインドウで開きます)

病害虫発生予察特殊報について

埼玉県病害虫防除所より、令和2年度病害虫発生予察特殊報第2号が発表されました。

埼玉県内において、「ツマジロクサヨトウ」の発生が懸念されています。

詳しくは、下記ページをご参照ください。

埼玉県病害虫発生予察特殊報(新しいウインドウで開きます)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る