産業就労・都市計画・事業者向け情報

農薬は適正に使用しましょう!

農薬は病害虫の防除に有効な資材ですが、使い方を誤ると人や環境に影響を及ぼす恐れがあります。
農薬を使用する方も販売する方も次の点について注意し、農薬による事故等を防ぎましょう。

農薬の使用は適切に

使用基準を守る
  • 農薬を使用する前に、ラベルで使用基準を確認しましょう。
  • 農薬は、(1)適用作物、(2)使用量・希釈倍数、(3)使用時期、(4)有効成分ごとの総使用回数が定められており、使用者はこれを必ず守らなければなりません。
飛散を防止する
  • 周辺の住民や環境に影響を及ぼさないよう気をつけましょう。
  • 化学物質に過敏に反応してしまう方や、健康弱者に配慮することも大切です。
使用記録をする

使用した農薬名(有効成分名)、年月日、場所、対象作物、使用量・希釈倍数、気象条件を記録しましょう。

農薬の保管は厳重に

鍵をかけて保管する
  • 農薬は鍵のかかる専用の保管場所に保管しましょう。
  • 食品と一緒に保管すると事故のもとになります。
  • 盗難や紛失が確認されたらすぐに警察署と保健所に届出ましょう。
毒物・劇物農薬は特に注意する

毒物及び劇物に指定されている農薬は、さらに厳重な保管管理が必要です。また、これらの農薬の保管場所には「医薬用外毒物」、「医薬用外劇物」の表示をする義務があります。

小分けは厳禁

農薬を小分けすると、誤飲などの思わぬ事故のもとになりますので、絶対に行ってはいけません。

関連リンク

 

農薬による蜜蜂被害軽減対策の推進について

農薬による蜜蜂の被害軽減のため、水稲生産者、農薬使用者及び養蜂家間での情報共有にご協力ください。

農薬による蜜蜂被害事例は次のとおりです。

1. 死虫(1,000匹以上)が巣箱の周辺で見られる。特に以下の場合。

(1)巣門の前に死虫の山ができている。

(2)死虫とともに、羽ばたきの異常や震えの見られる生虫が見られる。

(3)舌を突き出して死んでいる蜜蜂が多く見られる。

2. 1以外の蜜蜂の減少が見られる以下に例示するような場合。

(1)巣箱のふたを開けたときにふたの裏側についている蜜蜂の数が減少した。

(2)働き蜂の中に占める外勤蜂の比率が著しく減少した。

詳しくは、下記ページをご参照ください。

農薬による蜜蜂への影響について(新しいウインドウで開きます)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る