農作業の安全対策

令和4年度「春の農作業安全確認運動」について

 春の繁忙期はトラクターや動力運搬車などの農業機械を使って作業を行う機会が増えることから、毎年この時期から事故が多く発生します。
 こうしたことから、春(3~5月)に重点期間を設定し、農業機械作業の事故防止に向けた運動を実施しています。

春の農作業における農作業事故ゼロを目指し、今一度、安全確認を徹底しましょう。

運動期間

令和4年度3月1日~5月31日

春の重点推進テーマ

『しめよう!シートベルト!』 

 農業機械作業による死亡事故が多発している状況が継続しており、特に乗用型トラクターの転落・転倒による死亡事故が多くの割合を占めているため、転落・転倒等の死亡事故を大幅に低減できるシートベルトの装着徹底を重点推進テーマとします。
 農業機械の運転・操作時の安全確認や安全装置の確実な利用により、事故の発生防止や被害軽減に努めましょう。
 また、安全に農作業できるよう、家族や地域で声をかけ合いましょう。

詳細は、農林水産省のホームページ「農作業安全対策」

農研機構の情報サイト「農作業安全情報センター」をご参照ください。

 

農業における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン

農林水産省では、農業関係者に新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合の対応について、感染拡大防止を前提として、農業関係者の健康保護とともに農業者の営農や産地での生産体制に支障が生じないよう、事業継続を図る際のポイントをまとめた 標記ガイドラインを策定しましたのでご参照ください。

ガイドライン ポイント

また、補足として、「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」における熱中症予防に関する留意点についてもご参照ください。

リーフレット

 

農作業中の熱中症にご注意ください。

埼玉県では、気温の高い日が続くこれからの時期に備え、高温に対する農作物等の技術対策及び農作業中の熱中症予防対策チラシを作成しました。

詳細は、埼玉県「高温に対する農作物等の技術対策及び熱中症予防対策」チラシをご参照ください。

 

農業者の健康診断受診について

健康な状態で農作業するために、定期的に健康診断を受けましょう。

詳細は、農林水産省「農業者向け健康診断啓発」チラシをご参照ください。

 

農作業中のクマの出没にご注意ください。

各地で例年以上にクマによる人身被害が多発しています。農作業に当たっては、クマとの不意の遭遇に十分にご注意ください。

詳細は、農林水産省「クマにご注意ください」チラシをご参照ください。

 

野菜の衛生管理を徹底しましょう。

食中毒事件が起こらないよう、水や家畜ふん堆肥の管理、手洗いなど衛生管理を気をつけましょう。

詳細は、農林水産省「野菜の衛生管理指針(試行版)」をご参照ください。

 

農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの公道走行ガイドブック

令和2年1月に基準緩和が行われた、けん引作業機の公道走行について、パンフレットが作成されました。

詳細は、農林水産省「農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの公道走行ガイドブック」をご参照ください。

また、より詳細な資料について、日本農業機械工業会のページに掲載されていますので、併せてご参照ください。

 

牛等の排せつ物に由来する堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について

海外で使用された農薬の成分(クロピラリド)が含まれた輸入飼料が家畜に給与された場合、堆肥を通じて、トマト等のナス科、スイートピー等のマメ科、ガーベラ等のキク科の農作物の生育に障害を起こす可能性があります。

詳細は下記のチラシをご参照ください。(チラシは新しいウインドウで開きます)

チラシ(園芸農家)

チラシ(堆肥業者)

チラシ(畜産農家)

チラシ(培土業者)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファクス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?