市政全般

令和元年度第1回社会教育委員会議

日時

令和元年8月9日(金曜日) 14時30分から16時15分まで

場所

鶴ヶ島市役所 504会議室

出席者

横山委員、宇津木委員、北岡委員、木村恵委員、戸口委員、渡邊委員、内野委員、藤岡委員、町田委員、木村誠委員

欠席者

なし

事務局

鈴木生涯学習スポーツ課長、若月生涯学習スポーツ課主幹、砂生生涯学習スポーツ課主査

傍聴人

なし

内容

1 第6次総合計画前期基本計画における社会教育分野(案)について

2 地域における子どもを支え育む活動のあり方について

要旨

1 第6次総合計画前期基本計画における社会教育分野(案)について、社会教育委員の意見を聴いた。

2 地域における子どもを支え育む活動のあり方について、社会教育委員の意見を聴いた。

 

会議の経過

1 開会

2 あいさつ

3 報告事項

(1)会議計画・研修等の予定について

   資料2に基づき、事務局から報告した。

4 審議内容

   資料3~8に基づき、事務局から説明した。

 

協議事項

(1)第6次総合計画前期基本計画における社会教育分野(案)について

事務局 現時点における案を基にご意見をお願いします。現行計画では、各課で取組む事業の網羅的な記載としていますが、次期計画では、今後5年間で特に注力すべき取組を挙げることとしており、施策の数も集約しています。なお、今後、パブリックコメントが予定されています。

委員 重点事項の記載となることは理解したが、本会議では、子ども会活動を中心に協議してきたところであり、現行計画の施策では「地域と家庭の教育力の向上」となるが、この施策と事業はどう位置付けられているのか確認したい。

事務局 施策については、直接的には、「教育環境の充実」の主な取組「コミュニティ・スクールなどの整備と学校・家庭・地域の連携の推進」に位置付けられますが、生涯学習の施策にも社会教育の考え方は含まれています。地域や家庭の協力を得ながらコミュニティ・スクールを推進することによって、学校における教育環境の充実とともに地域の教育力の向上を図ることを考えているものです。また、事業については、教育委員会重点施策の基本目標に「地域と家庭の教育力の向上」を掲げて、成果指標を設定して取組んでいます。

委員 生涯学習、文化財、スポーツに取組むのは良いことだが、社会教育が言葉としてなくなることに懸念を感じる。今後、社会教育をどう進めていこうと考えているか。

委員 学校では、課題を抱える児童への配慮のほかに保護者への対応もあり、先生たちの負担は相当である。家庭における教育は、すべての教育の基礎となるものであり、家庭教育は重要な取組である。

事務局 社会教育の言葉はありませんが、現在行っている事業は引き続き取組んでいくものです。

委員 趣旨は理解した。生涯学習に関する重点的な取組として、事業の規模などから図書館を選択し、成果指標として貸出冊数や来館者数を挙げたのではないか。

議長 新体育館整備構想についてはどう位置づけるのか。

事務局 昨年度、新体育館整備構想をまとめましたが、現時点では埼玉県の動向を注視しているところです。このため、主な取組のスポーツ施設の整備に含めているものです。

委員 計画と予算の関連付けについては、重点施策が前面に出てくるという良い面と、一方で、全体が見えにくくなるという側面がある。内容は全体的にはいいと思うが、資料4の健康づくりに関するグラフの説明が不十分であり、わかりやすくしていただきたい。

(2)地域における子どもを支え育む活動のあり方について

議長 それでは、地域における子どもを支え育む活動のあり方について、を議題とします。はじめに、事務局から説明をお願いします。

事務局 

※資料6~8に基づき説明する。

委員 今年度は、子ども会の年間行事を一覧にして申込みできるチラシを作成して、募集を行った。行事によっては20~30人の申込みがあって、入会した子も数人いる。ジュニアリーダーには10人の申込みがあった。会員数を増やすことよりも子ども会が持つノウハウを活かして、他の団体と協力しながら子どもたちの居場所づくりをしていきたいと考えている。自治会からは盆踊り大会の司会を依頼されたが、つるがしまジュニアサポートクラブが司会をした。子どもサロンからはつるがしまジュニアサポートクラブへのレクリエーションやかるた体験の依頼があり、学童保育室からは保護者向けのかるた大会の司会の依頼を引き受けた。

委員 オープン参加方式は、今の時代に合っているのではないか。入会しなくても、つるがしまジュニアサポートクラブのお兄さん、お姉さんのレクリエーションが楽しかったから、自分もやってみたいと思うことがある。子どもたちにはそうした経験や記憶が大事である。

委員 子どもたちは、お兄さんやお姉さんを見て、勇んでジュニアリーダーに申し込むが、部活や勉強との折り合い、受験、大学の講義、アルバイトなどにより参加できなくなることがあり、担い手の確保が課題となっている。学童保育でかるた体験を行ったが、彼らの参加が少なかったため学童保育の指導員にお願いしたことがある。

議長 三芳町や川越市などでは子ども会の加入率が高いが、どういうことか。

委員 三芳町では、子ども会行事の実施が難しくなっている中で子どもドッジボール大会が盛況なことから、事業を集約して補助金のほとんどを充て、参加者を子ども会会員としている。川越市や所沢市では学校単位で子ども会に加入しているが、最近は加入しない学校が増え、加入率は下がっている。越生町でも子どもの減少により解散する子ども会があって、地域の子ども会をまとめる組織が維持できないという話が出ている。全体的に子ども会を維持していくことが難しくなっている

委員 逆の視点から見ると、鶴ヶ島は、厳しい状況の中でどうやって地域で子どもを育む活動を行っていくか、という先進的な取組を行っていると言えるのではないか。農業関係者は、定年退職者を担い手として期待しているが、ある企業では定年退職者40人のうち36人が再雇用で、退職した人は4人だったという新聞記事があった。現実は期待通りにはいかない、ということである。様々な団体で組織の維持が難しくなっているが、子ども会も同じであり、共働き家庭には子ども会活動は難しい。

委員 一人親家庭や共働き家庭が増えおり、放課後だけでなく、夏休みの居場所作りを進められるといい。物理的な場所の提供もあるが、子どもたちの間ではオンラインゲームが流行っており、時間を決めて集まるなど、バーチャルリアリティーという方法も考えられるのではないか。授業は難しいかと思うが、例えば、自習の見守りなど大人ができることに関わることで、子どもたちの規則正しい生活につながるといいのではないか。

委員 他の自治体と比べて鶴ヶ島の子ども会加入率はかなり低いが、これを取り返すことはできないと考える。子どもたちの居場所づくりや課題のある家庭の支援が求められており、自治会では、定年退職した人などの力を活用して居場所の提供ができないかと協議し、夏休みに学習教室を3日間実施した。参加者は7、8人くらいであり、今後の進め方を学ぶため、コーディネーター研修に参加した。研修では、KPT法によるグループワークがあったが、ほとんどがマンパワー不足、後継者がいないことを問題に挙げていた。ファシリテーターからは、団体間の連携が難しいのでコーディネーターに頑張ってほしいと話があり、力になりたいと考えている。

委員 中央子どもサロンでは夏休みの実施は1日だけだった。全校児童を対象にしているが、自宅が会場から離れている子が参加することは難しい。低学年が中心で高学年の子たちはほとんど来ない。予定が入って行けなくなったとか、雰囲気になじめない、といったこともある。子どもたちが気軽に参加できるような工夫が課題となっている。

委員 スポーツ少年団はスポーツを通じて友達ができたり、親同士が結びついたりしているが、地域とは別のつながりである。地域以外の子は知っているが、隣に住んでいる子は通学班が一緒でもよく知らないという状況があり、寂しいものがある。

委員 平日には子どもサロン、土日には子ども会やプレーパークなどのイベントがあって、行きたいと思う子どもたちが行ける居場所があることが重要ではないか。

委員 それぞれの活動はスポットであってもいいのではないか。脚折地区では、雨乞行事のときにミニ龍蛇を担いでもらっており、連合自治会や地元の小学校でも体験を行っている。龍蛇ふるさと会館で学ぶこともできる。体験があれば、思い出したり、考えたりできる。子どもたちに色々な経験を与える活動が重なることが、地域で子どもを支え育むことになるのではないか。

委員 子ども会や地域支え合い協議会、自治会、市民センターの活動などが行っている子どもたちの居場所に関する活動をクロスオーバーして把握できるといいのではないか。実際に、市内では多くの活動が行われている。本校では、里山サポートクラブの方々から、川の除草や森の探検などのイベントに参加する小学生の指導者として、中学生に来てほしいという話を頂いた。また、中学生の体験活動として老人ホームの慰問を行っているが、高齢者との交流だけでなく、自分たちが地域に支えられていることを知り、活動を通して子どもたち同士の理解を深めることができるため、さらに進めていきたいと考えている。情報を共有することで活動をシェアしたり、足りない部分をどうしたらいいかと考えたりできるのではないか。

議長 子どもたちは休日をどう過ごしているか。協議を深めるため、市内でどのような活動が行われているのかを掴めるような資料を用意していただきたい。時間となりましたので、本日の協議を終了します。

スマートフォン用ページで見る