子育て・教育・健康・福祉

ヘルプマークを知っていますか

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など外見からわからなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
ヘルプマークを付けている方を見かけたら、優先席の利用、駅などでの声かけ、災害時の避難の支援などの配慮をお願いします。

また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにマスクの着用が求められる一方で、感覚過敏によってマスクの着用が困難な方もいらっしゃいます。このような方への心ない批判をなくすためには、外見からわかりづらい障害などにより配慮が必要とすることを知らせるために全国で認知されているヘルプマークの活用が有効であると考えています。

新しい生活様式の中でもマスクの着用が困難な方について知っていただくとともに、思いやりある行動をお願いします。

【参考】マスクをつけられない方を知っていますか(埼玉県ホームページ)

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/helpmarkmask.html

『ヘルプマークの使用例』の画像 

対象

障害のある方、難病の方、妊娠初期の方など援助や配慮を必要とする方

配布場所

障害者福祉課

費用

無料

その他

郵送での配布はできません。希望者は窓口へ直接お越しください。

関連リンク 

埼玉県福祉部福祉推進課ホームページ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは障害者福祉課 障害者福祉担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る