1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 子育て・教育・健康・福祉
  4. 保健・医療
  5. 予防接種
  6. 予防接種(こども向け)
  7. 【重要】子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨差し控えについて
子育て・教育・健康・福祉

【重要】子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨差し控えについて

市では、平成25年4月1日より予防接種法に基づく定期の予防接種として、小学校6年生から高校1年生までの女性を対象に子宮頸がん予防ワクチン接種を実施しておりますが、厚生労働省は、子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応が予防接種との因果関係を否定できないと判断し、子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨を差し控えると勧告しました。
このため、市では子宮頸がん予防ワクチン接種については、厚生労働省の勧告に従い、積極的な勧奨はしないこととしましたので、お知らせします。
なお、子宮頸がん予防ワクチン接種を特に希望する場合は、予防接種の効果及び副反応を理解したうえで、保護者の判断で接種を行なうことは差し支えないものであり、今までと同様に接種費用は公費負担となります。

子宮頸がん予防ワクチンの接種に関する相談は下記の窓口で行っています。

子宮頸がん予防ワクチン接種後に生じた症状の診療は下記の医療機関で行っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る