子育て・教育・健康・福祉

日本脳炎予防接種の接種対象年齢の拡大について

接種対象年齢の特例

平成17年5月20日から平成22年3月31日までの間、日本脳炎の予防接種は積極的な接種勧奨が差し控えられていました。その間に接種する機会を逃した方がいるため、接種対象年齢が拡大されています。下記の特例対象者の方は公費負担(無料)で接種することができます。

特例対象者の接種年齢

平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれた方

接種期限

20歳の誕生日の前日までに、4回(1期3回、2期1回)のうち不足分の接種を完了してください。

接種場所

鶴ヶ島市・坂戸市内の契約医療機関

※接種する際は、予約をし、母子健康手帳を持参して下さい。予診票は医療機関に設置してあります。埼玉県内の鶴ヶ島市及び坂戸市外の医療機関でも接種可能です。接種ご希望の場合は保健センターにご連絡ください。

接種の方法

日本脳炎第1期初回1回目のみ接種 残り3回接種
6日以上の間隔をおいて2回接種する。日本脳炎第2期は、9歳以上になって、1期終了後6日以上の間隔をおいて1回接種する。
日本脳炎第1期初回(1回目・2回目)終了 残り2回接種
6日以上の間隔をおいて第1期追加を1回接種する。
日本脳炎第2期は、9歳以上になって第1期終了後6日以上の間隔をおいて1回接種する。
日本脳炎第1期(1回目・2回目・3回目)終了 残り1回接種
9歳以上になって第1期終了後6日以上に間隔をおいて1回接種する。(第2期接種として)
日本脳炎予防接種を全く受けていない方 4回接種する
通常の日本脳炎の接種間隔で接種する。
第1期初回 1回目と2回目を6日以上の間隔で2回接種する。
追加接種は、第1期初回終了後6カ月以上経過した時期に1回接種する。
第2期は、9歳以上になって第1期終了後1回接種する。
ただし、第1期接種終了後、おおむね5年の間隔を置くことが望ましい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る