1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 子育て・教育・健康・福祉
  4. 学校給食
  5. 学校給食センター
  6. 学校給食センターは子どもたちに安心・安全なおいしい給食を届けています
子育て・教育・健康・福祉

学校給食センターは子どもたちに安心・安全なおいしい給食を届けています

平成25年9月、新しい学校給食センターがオープンし、充実した施設によって今まで以上に高い衛生管理体制のもと給食調理が行えるようになりました。恵まれた施設・設備の機能を最大限に生かし、従事する職員一同、細心の注意を払いながら子どもたちに給食を届けています。安心・安全でおいしい給食を子どもたちに届けるための取組を紹介します。

1.安心のために 新鮮な食材の使用

給食に使用する食材は、信頼のおける登録業者から購入しています。地産地消の観点から、JAいるま野や市茶業協会の地元野菜や茶葉の積極的な活用をしています。

時には、虫がいたり泥汚れのひどいものも...。太陽の光をたっぷり浴びて、育てられたものであるからこその安心の証です。

『安心のために 新鮮な食材の使用(1)』の画像

(1)JAいるま野に発注した食材は、生産した農家の方が直接学校給食センターに届けてくれます。
※平成25年度のJAいるま野への発注品目はにんじん・大根・白菜など10種類、総計約7000kgでした。

 

『安心のために 新鮮な食材の使用(2)』の画像

(2)新鮮でみずみずしい旬の食材が届けられます。

 

『安心のために 新鮮な食材の使用(3)』の画像

(3)学校給食センターへ届けられた食材は、荷受室で品質などのチェックをしたのち、調理場へ運ばれます。

 

2.安全のために徹底した異物確認

野菜は、流水による3回洗浄を基本としています。それぞれの野菜の状況に応じて、虫がいる場合や泥汚れのひどい時には4回・5回と洗う回数を増やし、確実な洗浄を目指しています。
※調理員の服装にも注目。白衣・帽子・マスクで全身を覆い、髪の毛などの混入防止。

『安全のために徹底した異物確認(1)』の画像

(1)野菜を洗うためのシンクは3槽のものが4レーンあります。各槽に2〜3人の調理員がついて、少しずつ手に取りしっかり確認して洗った後、次のシンクへと移していきます。

 

『安全のために徹底した異物確認(2)』の画像『安全のために徹底した異物確認(3)』の画像

(2)野菜は機械を使って切ります。切る前後でも異物がないか確認します。

 

使用する食材の異物確認は調理工程の各所で行います。全体を通して何重ものチェックができるようにし、子どもたちのもとへおいしい給食を届けます。またできあがりの際には温度を測定し、しっかり加熱できていることを確認して食中毒を防止します。

『安全のために徹底した異物確認(4)』の画像

(3)肉も、専用の容器に移し替える際に少しずつ手にとり、異物確認。

 

『安全のために徹底した異物確認(5)』の画像

(4)釜に食材を入れた後も、異物確認。

 

『安全のために徹底した異物確認(6)』の画像

(5)食中毒を防ぐためには、しっかりと加熱することが大切です。しっかり加熱されていることを確認するために温度を測定し、記録を保管しています。

 

『安全のために徹底した異物確認(7)』の画像

(6)料理が完成し、クラスごとの食缶に入れる時も、最終確認。

 

3.おいしいのために子どもたちの笑顔あふれる給食を

それぞれの料理にふさわしい温度で食べることができるよう、保温・保冷食缶を利用しています。また、「脚折雨乞」のイラストの付いた強化磁器食器は家庭で使用する食器に近い形態で、料理のおいしさをより一層引き立ててくれます。

『おいしいのために子どもたちの笑顔あふれる給食を(1)』の画像『おいしいのために子どもたちの笑顔あふれる給食を(2)』の画像

サラダの野菜をしっかりとゆでること、真空冷却機で急速に冷却することで、菌が増殖するのを防ぎます。冷却後は温度管理されたあえ物室で和え、保冷しておいた食缶に入れます

 

『おいしいのために子どもたちの笑顔あふれる給食を(3)』の画像

鶴ヶ島市のお茶を使ったメニューも大人気。(1)「鶴茶パン」(2)「お茶入り手作りふりかけ」(3)「鶴茶ん」(4)「鶴ヶ島茶っプリン」他には、「ちくわの鶴茶フライ」「鶴茶春巻」などもあります。

 

『おいしいのために子どもたちの笑顔あふれる給食を(4)』の画像

安心安全な給食で、子どもたちの笑顔あふれる給食を目指しています。

 

まちづくり市民講座を利用できます

学校給食センターの見学と試食 ー安全でおいしい給食をー

講座内容

給食調理作業の見学、衛生管理の疑似体験、給食の試食

時間

見学/10時30分〜 試食/11時30分〜

参加費

給食代として240円(試食の場合)

申込み

5人以上のグループで、原則として開催する日の3か月前から14日前までに、まちづくり市民講座開催申込書を学校給食センターまで

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校給食センターです。

学校給食センター 〒350-2214 鶴ヶ島市大字太田ヶ谷79-2

電話番号:049-285-6596 ファックス番号:049-271-4295

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る