生活と手続き・住環境

エコドライブ10のすすめ

~11月はエコドライブ推進月間です~

エコドライブとは、燃料消費量やCO2排出量を減らし、地球温暖化防止につなげる運転技術や心がけです。また、交通事故の削減にもつながります。
エコドライブは、誰でも、今すぐ始めることができる取組です。環境にも、財布にもやさしいエコドライブを始めましょう。

(1)ふんわりアクセル 「eスタート」

最初の5秒で、時速20キロメートル程度が目安です。やさしい発進を心がけるだけで、10パーセント程度燃費が改善します。

(2)車間距離にゆとりをもって、 加速・減速の少ない運転

車間距離が短くなると、ムダな加速・減速の機会が多くなり、市街地では2パーセント程度、郊外では6パーセント程度も燃費が悪化します。

(3)減速時は早めにアクセルを 離そう

信号が変わるなど、停止することが分かったら、早めにアクセルから足を離すようにすると、エンジンブレーキが作動し、2パーセント程度燃費が改善します。

(4)エアコンの使用は適切に

車のエアコン(A/C)は車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをオフにしましょう。

(5)ムダなアイドリングはやめよう

10分間のアイドリング(エアコンオフの場合)で、130cc度の燃料を消費します。また、現在の乗用車では、基本的に暖機運転は不要です。

(6)渋滞を避け、余裕をもって出発しよう

道路交通情報やルートを確かめ、時間に余裕をもって出発しましょう。1時間のドライブで道に迷い、10分間余計に走行すると17パーセント程度燃料消費量が増加します。

(7)タイヤの空気圧から始める点検・整備

タイヤの空気圧が適正値より不足すると、市街地で2パーセント程度、郊外で4パーセント程度燃費が悪化します。

(8)不要な荷物はおろそう

100キログラムの荷物を載せて走ると、3パーセント程度も燃費が悪化します。

(9)走行の妨げとなる駐車はやめよう

迷惑駐車は渋滞をもたらします。他の車の燃費を悪化させるばかりか、交通事故の原因にもなります。

(10)自分の燃費を把握しよう

日々の燃費を把握すると、自分のエコドライブ効果が実感できます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る