子育て・教育・健康・福祉

認知症サポーター

「認知症を知り地域をつくる10カ年」キャンペーンを厚生労働省が平成17年度から始めています。
このキャンペーンの一つに、認知症の人と家族への応援となる認知症サポーターを全国で養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指す「認知症サポーター100万人キャラバン」が進められています。(現在、認知症サポーターは100万人を超えましたが、さらに多くの方がサポーターとなっていただけるように継続しています。)
鶴ヶ島市においても、認知症サポーター養成講座を開催し、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを推進しています。

『『ロバ親子のキャラバン隊(右向き)』の画像』の画像 

認知症サポーター養成講座を開催するには?(団体向け)

自治会やサークルなど団体(おおむね20人以上)ごとにお申し出ください。
小学生や中学生、高校生向けの講座も実施しています。
お気軽にお問い合わせください。

認知症サポーター養成講座を受講するには?(個人向け)

個人で認知症サポーター養成講座の受講を希望される方は、市などが主催する講座にお申し込みください。

講座の予定は「広報つるがしま」、ホームページにてお知らせします。

問い合わせ:直接または電話で高齢者福祉課地域包括ケア推進担当へ(内線196)

 

 

『『オレンジリング』の画像』の画像この講座を受講した方を「認知症サポーター」と称し、

シンボルグッズである「オレンジリング」をさしあげます。

 

 

 

(オレンジリング)

 

 

認知症サポーターステップアップ研修

平成30年12月12日に認知症サポーター養成講座を受講した方を対象として、認知症の方への対応の仕方についてより具体的に学ぶ研修を開催しました。講義だけでなく、グループワークを取り入れ、実際にどのように対応したら良いかを実践形式で学ぶ研修を行いました。

令和元年度の開催については、決まり次第掲載します。

『認サポステップアップ研修(1)』の画像  『認サポステップアップ研修(2)』の画像

認知症サポーター養成講座の講師及びテキスト

認知症サポーター養成講座の講師(キャラバン・メイトと呼びます)及びテキストは市で手配します。

市内における認知症サポーター数

鶴ヶ島市認知症サポーター数3,593名(令和元年10月末現在)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢者福祉課 地域包括ケア推進担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?