子育て・教育・健康・福祉

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

7月26日(月)から、真に海外渡航の予定がある方を対象として、「新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」の申請受付を開始します。

※真に海外渡航の予定がある方のみが対象となります。国内で接種の記録を必要とする場合は、お持ちの「接種済証」または「接種記録書」を活用ください。

※「新型コロナワクチン接種証明書」が使用可能な国・地域の一覧は、次の外務省ホームページから各自でご確認ください。

外務省HP  https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html

 

受付開始日

7月26日(月)から

申請方法

原則、郵送でご申請ください。
  郵送先:〒350-2213  鶴ヶ島市大字脚折1922-10
             鶴ヶ島市保健センター  新型コロナワクチン接種担当

※窓口でご申請する場合は、鶴ヶ島市保健センターまでご提出ください。

交付方法

申請書を受理後、接種事実などを確認の上、1週間程度で郵送により交付します。
※窓口で申請された場合でも当日交付はいたしません。
※書類に不備があった場合、お時間をいただくことがあります。

手数料

無料

必要な書類

1、申請書(ダウンロードして必要事項を記入してください)
    ※記載内容の確認のため、日中連絡のとれる電話番号を記載してください。

2、旅券(パスポート)の写し
    ※旅券番号など身分事項が記載されているページ

3、接種済証の写しまたは接種記録書の写し

4、返信用封筒
    ※切手(定型・普通郵便で84円切手)を貼り付けのうえ、返送先住所のご記入をお願いします。

5、本人確認書類の写し(返送先住所の記載があるもの)
    ※マイナンバーカードや運転免許証など

≪旅券に旧姓・別姓・別名を使用している場合≫

上記1~5に加えて、以下の書類が必要です。

6、旧姓・別姓・別名が確認できる書類
    ※旧姓が併記されたマイナンバーカードや運転免許証、住民票の写しなど


≪本人以外の方が申請する場合(代理)≫

上記1~5に加えて、以下の書類が必要です。

7、委任状(ダウンロードして必要事項を記入してください)
    ※本人自署によるもの

8、代理の方の本人確認書類の写し

 

注意事項

  • 現に海外渡航を予定している方で、有効な旅券をお持ちの方のみが申請できます。

  • この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。

  • 旅券の有効期限が切れている場合は、接種証明書は発行できません。また、接種証明書には、旅券番号等を記載しますので、海外渡航の前に旅券を更新する場合は、更新後の旅券を提出してください。

  • 1回目と2回目の接種時において、住民登録のあった市区町村が異なる場合は、接種時に住民登録のあった市区町村にそれぞれ申請してください。
    例)1回目の接種証明書⇒鶴ヶ島市、2回目の接種証明書⇒A市

  •  1回目・2回目の接種時点で鶴ヶ島市に住民登録があり、接種後に他の市区町村に転出された方は、転出後の市区町村ではなく、鶴ヶ島市に申請する必要があります。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センター 新型コロナウイルスワクチン接種担当です。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-227-9522 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る