1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 文化・スポーツ・市民活動
  4. 観光
  5. 鶴ヶ島ふるさと応援大使【鶴】
文化・スポーツ・市民活動

鶴ヶ島ふるさと応援大使【鶴】

『ふるさと応援大使「鶴」』の画像

平成30年9月13日(木曜日)、鶴ヶ島市出身のスリーピースバンド「鶴」を、鶴ヶ島市初となる「鶴ヶ島ふるさと応援大使」に任命しました。
「鶴」はふるさと応援大使として、平成30年9月15日から始まる全国47都道府県ツアーの中で、全国に向けて鶴ヶ島の魅力をPRすることを約束してくれました。

 

鶴ヶ島ふるさと応援大使とは?

鶴ヶ島にゆかりのある方に鶴ヶ島の魅力を情報発信してもらい、イメージアップ及び観光振興を図ることを目的として設立しました。
市の情報が届きにくい全国各地に鶴ヶ島をPRすることで、市外から人を呼び込み、鶴ヶ島の活性化を図ります。

 

「鶴」とは?

「鶴」は、2003年に鶴ヶ島市立西中学校の同級生3人で結成されたバンドです。アマチュア時代から現在まで、鶴ヶ島産業まつりへの出演をはじめ、ライブ時に鶴ヶ島市が出身地であることをアピールしたり、鶴ヶ島駅や鶴ヶ島市役所で撮影した写真をPRに使うなど、ふるさと「鶴ヶ島」への想いを大切にしながら活動を続けているバンドです。

平成30年、結成15周年(メジャーデビュー10周年)を迎え、「再び鶴ヶ島から歩き出したい」との思いから、新シングル「歩くthis way」を作成。そのミュージックビデオでも鶴ヶ島市役所での撮影やつるゴンと共演するなど、市の知名度向上に大きく貢献しています。

<鶴と鶴ヶ島市との関係>

 2003年 鶴ヶ島西中学校の同級生の3人で「鶴」を結成。
       バンド名は愛する鶴ヶ島の頭文字。卒業後も鶴ヶ島市北公民館(現:北市民センター)で練習を重ねる。
 2004年 品川市長(当時)に表敬訪問。広報つるがしま「輝いてます」のコーナーで紹介。
              鶴ヶ島産業まつりにステージ出演。
 2006年 地元のバンドとともに、鶴ヶ島市大橋公民館(現:大橋市民センター)で「鶴の里帰り」ライブを開催。
 2008年 メジャーデビュー。デビューの翌日、鶴ヶ島市役所ロビーでライブを行う。
 2009年 鶴ヶ島市立西中学校3年生を送る会にサプライズ出演。
 2016年 鶴ヶ島駅、鶴ヶ島市役所で撮影した写真を使ったプロモーション開始。
 2017年 鶴ヶ島産業まつりステージに出演(メジャーデビュー10周年記念)。
 2018年 新シングル「歩くthis way」のMVに、鶴ヶ島イメージキャラクターつるゴンが出演。

 

ふるさと応援大使としての活動

平成30年9月15日からスタートした結成15周年記念全国47都道府県ツアーにて、大使就任以前より行っていた「埼玉県鶴ヶ島市出身の鶴です。」という自己紹介はもちろん、市の伝統行事「脚折雨乞」や市の名所などを説明。ライブ時には「鶴ヶ島ふるさと応援大使」ののぼり旗を掲げ、鶴ヶ島の魅力を積極的にPRしてくれています。

『鶴PR①』の画像 『『鶴PR②』の画像』の画像

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課 商工労政担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2019年10月8日
このページを印刷する
スマートフォン用ページで見る