子育て・教育・健康・福祉

学校給食センターの更新(PFI)

鶴ヶ島市では、学校給食センターの老朽化や新衛生管理基準への適合などの諸問題に対応するため、PFI事業方式により更新施設を整備し、平成25年9月2日から新施設での給食提供をはじめました。

新着情報

注)リンク先の内容及び団体等については、鶴ヶ島市の管理下にはなく、鶴ヶ島市はいかなる責任も負わないものとします。また、そのWebサイトの内容はそのwebサイトの管理責任者等に帰属し、鶴ヶ島市とは関係ないものとします。

お知らせ

≪PFI事業方式(Private Finance Initiativeの略)≫

PFIとは、平成11年9月に施行されたPFI法(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)に基づくもので、公共事業を実施するための事業手法の一つです。
従来の公共事業では、施設をつくり維持管理・運営を行う場合に、設計、建設、維持管理、運営という各業務を分割し、年度ごとに発注していました。PFIでは、民間の資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を活用し、公共施設等の設計・建設・改修・更新や維持管理・運営の全ての業務を長期の契約(一般的には15年から20年)として一括してゆだねますので、コスト削減や質の高い公共サービスの提供が期待できます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校給食センターです。

学校給食センター 〒350-2214 鶴ヶ島市大字太田ヶ谷79-2

電話番号:049-285-6596 ファックス番号:049-271-4295

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る