生活と手続き・住環境

紙・布類

紙・布類の種類と出し方のポイント

種類ごとに十文字にしばって出す

鶴ヶ島市では、紙・布類を5つの種類に分けて収集しています。
下の表の種類ごとに分け、それぞれひもで十文字にしばって出してください。

1 雑紙(雑誌、本、菓子箱(袋)、包装紙、紙封筒、名刺など)
2 新聞紙(広告も一緒で可)※盗難を防ぐため「鶴ヶ島市」と記載
3 布類(衣類、タオル、シーツ、毛布など)
4 ダンボール
5 紙パック(切り開いて洗って乾かす)

※種類の違う紙・布類資源をいっしょに出してしまうと、リサイクルすることができません。
 紙・布類は、雨などに濡れるとリサイクルできないことがありますので、収集日が雨の場合は
 出さないようにしてください。
 また、ビニール袋には入れないでください。

 

収集できない物は40センチ以内に切って燃やせるごみに出す

紙・布製品であっても、次に列挙するようなものはリサイクルできないため、紙・布類として収集できませんので
40センチ以内に切って「燃やせるごみ」に出してください。

  • 感熱紙・感圧紙、金・銀紙、圧着はがき、はく離紙、写真
  • 点字発行物
  • ビニールコーティングされている紙袋
  • 線香や洗剤など臭いの強い紙
  • 汚れている服、下着、靴下、綿入製品、作業服
  • キルティング、羽毛製品、夏掛け
  • カーテン、ベットパット、玄関マット         など

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?