1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 生活と手続き・住環境
  4. 届出・証明・パスポート
  5. 住民票、マイナンバーカード等に旧姓が併記できます
生活と手続き・住環境

住民票、マイナンバーカード等に旧姓が併記できます

11月5日から住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカード等へ旧姓(旧氏)を併記できるようになります。 これにより、婚姻等で氏に変更があった場合でも、従来使用してきた氏を旧姓として併記できるようになります。旧姓(旧氏)の印鑑で印鑑登録もできるようになります。

旧姓(旧氏)とは?

「旧姓(旧氏)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

住民票、マイナンバーカード等に旧姓を併記するにはどうしたらいいの?

住民票に旧姓を併記するための申請手続が必要になります。住民票に旧姓が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証サービスの署名用電子証明書、印鑑登録にも旧姓が併記されます。なお、住民票等に記載できる旧姓は1人に1つだけです。

申請手続き

(1)記載したい旧姓から現在までのすべての戸籍謄本等を用意してください。戸籍謄本等は、 本籍地の市区町村に直接又は郵送で請求できます。

(2)現在お住まいの市区町村において申請手続をしてください。                            用意した戸籍謄本等と一緒に、マイナンバーカード(通知カード)を持って市役所で申請してください。マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)を併記します。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る