1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 市の概要
  5. 整った住環境と良好な交通アクセス

市政全般

整った住環境と良好な交通アクセス

整った住環境・・・区画整理されたバランスのとれた街並み

『鶴ヶ島の楽しみ方(雷電池児童公園)』の画像 『『『鶴ヶ島の楽しみ方(テープカット)』の画像』の画像』の画像
雷電池児童公園  平成25年4月18日開通した共栄一本松線
『鶴ヶ島の楽しみ方(市民農園)』の画像  『鶴ヶ島の楽しみ方(eコラボ)』の画像
農業交流センターの市民農園  eコラボつるがしま

 市域が17.65平方キロメートルとコンパクトな街ゆえの魅力があります。
 市街地の約半分が区画整理されており、計画され作られた街が多いので、公共施設や公園がバランスよく配置されています。
 ネットワーク化された「鶴ヶ島市中央図書館」、トイレや井戸が完備された市民農園がある「農業交流センター」、食物アレルギーにも対応できる最新の「学校給食センター」、養命酒製造(株)とコラボして作られた環境学習施設「eコラボつるがしま」など多彩な公共施設があります。
 また、「脚折雨乞」の会場となる「雷電池児童公園」は、木々に囲まれた静謐な場所であると共に、遊具も整備され、放課後には、子どもたちが遊んでいる風景も見られます。木漏れ日が心地よい「富士見緑地」、木々に囲まれた静かな「池尻池公園」など身近に自然を感じられる場所も近くにあります。

良好な交通アクセス・・・東武東上線・越生線と関越道・圏央道

『鶴ヶ島の楽しみ方(東武東上線)』の画像 『鶴ヶ島の楽しみ方(鶴ヶ島インター)』の画像
東武東上線  関越自動車道鶴ヶ島I.C.
『鶴ヶ島の楽しみ方(つるワゴン)』の画像  『鶴ヶ島の楽しみ方(空撮写真)』の画像 
つるワゴン  圏央鶴ヶ島I.C.南より

 鶴ヶ島市内には東武東上線「若葉駅」「鶴ヶ島駅」、東武越生線「一本松駅」と3つの駅があります。東武東上線で、池袋駅まで直接行け、東京メトロ有楽町・副都心線、東急東横線が相互乗り入れしているので、新宿、渋谷、横浜、銀座などにもアクセスが良好です。
 市内に、関越自動車道「鶴ヶ島IC」、首都圏中央連絡自動車道「圏央鶴ヶ島IC」があります。関越自動車道経由で長野・新潟方面へ、首都圏中央連絡自動車道経由で山梨・神奈川・静岡方面や、栃木・茨城・千葉方面に行くことができ、車での交通アクセスも非常に充実しています。
 市内全域に「つるバス・つるワゴン」が走っており、市内の移動に便利です。

若葉駅より主要駅への標準アクセス時間・・・都内主要駅まで1時間以内

  • 川越駅・・・8分(東武東上線快速で直通)
  • 池袋駅・・・39分(東武東上線快速で直通)
  • 新宿駅・・・46分
  • 渋谷駅・・・50分
  • 東京駅・・・55分
  • 銀座駅・・・58分
  • 横浜駅・・・75分

※2015年1月現在。乗り換え時間・待ち時間などは含みません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市政情報課です。

鶴ヶ島市役所 4階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る