文化・スポーツ・市民活動

脚折雨乞

脚折雨乞ってどんな行事?

脚折雨乞は国選択無形民俗文化財、市指定無形文化財に指定される江戸時代から継承されてきた行事です。

脚折雨乞の特徴は、長さ36メートル、重さ3トンもある「龍蛇((りゅうだ)」を作って雨乞いを行うことです。龍蛇は、白鬚神社前で麦わらと孟宗竹、荒縄によって作られます。雨乞行事当日、出発前の入魂の儀により「龍神」となります。この巨大な龍神を、300人の男たちが雷電池までの約2キロメートルを担いで練り歩きます。

雷電池に到着すると、龍神を池に入れて、「雨降れたんじゃく、ここに懸かれ黒雲」と必死に叫び雨乞を行います。雨乞行事は、池の中でクライマックスに達します。最後の龍神の解体時、頭部に付けられた金色の宝珠を、若者が我先にと競って奪い合う様は、非常に豪快で見る者も圧倒されます。

 『池入り』の画像

平成24年脚折雨乞(動画)

第17回ふるさとイベント大賞受賞により紹介されました。

龍蛇(りゅうだ)の構成

全体 竹80本、麦わら570束 長さ 36メートル
重さ 3トン 頭の高さ 4.5メートル
頭の幅 2メートル 太さ(頭部に近い胴回り) 6メートル
開いた口の直径 1.6メートル    

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習スポーツ課です。

鶴ヶ島市役所5階(社会教育担当・市民スポーツ担当) 〒350-2292鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1 電話番号:049-271-1111(代表) FAX:049-271-1190  
文化財整理室(文化財担当) 〒350-2213鶴ヶ島市大字脚折1562-1 電話番号:049-285-2194 FAX:049-272-3304

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る