子育て・教育・健康・福祉

臓器移植の意思表示について

臓器移植について

 臓器移植とは、重い病気や事故などにより臓器の機能が低下し、移植でしか治療できない方と死後に臓器を提供してもいいという方を結ぶ医療で、善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療です。日本で臓器の提供を待っている方はおよそ13,000人です。それに対して移植を受けられる方は、年間およそ300人です。

臓器移植の意思表示について

 臓器移植を行うのに必要な提供の意思表示は、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカード、意思表示カード、インターネットで出来ます。提供する、しない、どちらの意思も尊重されます。一人ひとりが、臓器提供について考え、家族と話し合い、自分の臓器提供に関する意思を表示しておきましょう。
 意思表示の方法について詳しくは、公益財団法人日本臓器移植ネットワークのホームページ(新しいウインドウで開きます)をご覧ください。
 平成22年7月17日、改正臓器移植法が全面施行され、親族優先提供の意思表示、15歳未満からの脳死下提供が可能になりました。また、生前に臓器提供に関する意思を表明しておらずご本人の意思が不明な場合には、ご家族の承諾によって臓器提供できるようになりました。
 なお、15歳未満の方は保護者とともに「臓器提供しない」意思登録のみが可能です。

関係機関へのリンク

 公益財団法人日本臓器移植ネットワークホームページ(新しいウインドウで開きます)

 埼玉県ホームページ(新しいウインドウで開きます)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センター 保健予防担当です。

〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る