1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 子育て・教育・健康・福祉
  4. 健康
  5. 健康診査
  6. 生活習慣病の予防と早期発見のために受けよう!特定健診・特定保健指導

子育て・教育・健康・福祉

生活習慣病の予防と早期発見のために受けよう!特定健診・特定保健指導

平成29年度の特定健康診査の実施

対象

40歳から74歳までの国民健康保険加入者
※平成29年4月1日現在の加入者の方。その後に加入された方や受診券等が届いていない方は、担当へ連絡をお願いします。

期間

6月1日(木曜日)から11月30日(木曜日)まで
※実施医療機関の休診日は除く。

場所

坂戸鶴ヶ島医師会の契約医療機関

内容

  1. 全員が実施する検査:身体計測、診察、血圧測定、血液検査、尿検査、聴力検査(65歳以上の方)
  2. 昨年度の健診結果が基準値以上の方のみ実施する検査:心電図検査、眼底検査

費用

  1. 無料
  2. 自己負担 各500円

※内容2.以外の方で、心電図検査を希望される方は、自己負担500円で受診できます。眼底検査を希望される方は、全額自己負担となります。

特定健診のメリット

  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を早期に発見し、予防・改善することができます。
  • 定期的に健診を受けることにより、自分自身の健康状態を正しく把握することができます。
  • 生活習慣病の発症などを防ぐことで、健康な状態を維持し、治療のための医療費を節約できます。
  • 特定保健指導対象者になると、医師、保健師および管理栄養士から専門的な保健指導を受けられ、生活習慣を改善できます。

メタボリックシンドロームの診断基準および特定保健指導対象者選定基準

特定保健指導の対象者選定基準はメタボリックシンドロームの診断基準と異なり、さらに厳しい基準になっています。これは、異常が軽い段階から生活習慣の改善に取り組むことが大切だからです。

特定保健指導を受けましょう

特定健診の結果を見逃さず、生活習慣を改善するために特定保健指導を受けましょう。
特定保健指導の対象の方には、健診受診後、概ね2〜3か月後に「特定保健指導利用券」を送付します。

受診勧奨キャンペーンを実施します

平成29年6月1日から平成29年8月31日までの期間に特定健診を受診された方に「つるゴンイラスト入りエコバッグ」を進呈します。医療機関からもらう健診結果を保健センターまたは市役所保険年金課へお持ちください。

小さな異常も重なると危険です

『グラフ1心臓病の危険因子がない方の危険度』の画像

上のグラフは心臓病の危険因子がない方の危険度を1とし、1つ保有で5.1倍、3〜4個保有で急激に上昇し、35.8倍にもなります。いかに危険因子の保有数を減らすかが大切です。

保健指導を受けると・・・3倍の効果あり!

『グラフ2特定保健指導を受けた方とそうでない方』の画像

上のグラフ2は、特定保健指導を受けた方とそうでない方の翌年の健診結果(腹囲)を比較したものです。
保健指導を受けることで確実に腹囲の減少に差が出ていることが分かります。
今年はぜひ、保健センターの保健師、管理栄養士と一緒に皆さんの生活を見直してみませんか?

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センター 成人保健担当です。

〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る