市政全般

市制施行30周年

はじめに

鶴ヶ島市は令和3年9月1日に市制施行30年を迎えます。平成3年の市制施行から30年、この節目を迎えるにあたり、多くの皆さんと共にまちへの誇りと愛着を一層深め、鶴ヶ島が未来に向けて飛躍する新たな一歩となるような記念事業等を推進します。各事業等の詳細はその都度お知らせします。

事業コンセプト

市民と共に「祝う」

鶴ヶ島に関わる誰もが共に参加できる事業等を実施し、地域のつながりや人々の交流をこれからのまちづくりに活かします。

未来に「つなげる」

これからの時代を担う子どもたちや若い世代を主役に、未来につながる取組みを行います。

鶴ヶ島の魅力を「伝える」

記念事業を通して市民一人ひとりにまちへの誇りと愛着を深めてもらい、市内外に向けて共に鶴ヶ島の魅力を発信します。

実施内容

実施計画(新しいウインドウで開きます)

主な取組

  • タイムカプセルの開封
  • 特別表彰
  • 市勢要覧の作成
  • 記念展示 ほか

ロゴマーク

市制施行30周年を記念し、記念事業のPRや市のシティプロモーションを推進するために作成したものです。
デザインは、ふるさと応援大使「鶴」のメンバーである神田雄一朗さんです。

  • 基本デザイン

『鶴ヶ島市ロゴマーク(黒)』の画像 『鶴ヶ島市ロゴマーク(白)』の画像

 

ロゴマークのコンセプト

コメント「遠くから見ても分かるよう鶴ヶ島の「T」を大きく表現し、シンプルかつスタイリッシュで、色も分かりやすいものにしました。そして、この「T」が“トリプルミーニング”になっています。

  1.  鶴ヶ島の「T」
  2. 30周年の「30」
  3. 鳥の「鶴」のイメージ

また、全体を見たときに、右上がりに感じるようにデザインしています。鶴ヶ島が未来に向かって『上昇していく』ポジティブなイメージです。ぜひ、多くの皆さんに親しんでいただき、今後、色々な場面で使ってもらえたらうれしいです」

キャッチフレーズ

「大好き、つるがしま」

広報つるがしま1月号で公募したところ、52件の応募がありました。その中から市内在住の長井美由紀さんの作品が選ばれました。記念事業のPR等に利用します。
コメント「中学生の頃から鶴ヶ島に住んでおり、子どもたちも鶴ヶ島で育ちました。とても住みやすくて良いところだと思います。これからもたくさんの人に『大好き』になってもらえる鶴ヶ島であってほしいです」

『鶴ヶ島市30周年記念ロゴマークおよびキャッチフレーズ』の画像

ロゴマークおよびキャッチフレーズの使用

ロゴマークおよびキャッチフレーズは、どなたでもご自由にご使用いただけます。ただし、営利を目的として使用する場合には、申請が必要です。使用申請書に記入の上、政策推進課にご提出ください。また、使用する際には、必ず使用取扱要綱をご覧の上、適切にご使用ください。

詳細はこちら

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策推進課です。

鶴ヶ島市役所 4階(政策担当) 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?