子育て・教育・健康・福祉

平成26年第10回教育委員会会議 詳細

  • 日時
    平成26年7月29日(火曜日) 15時30分開会〜16時25分閉会
  • 場所
    鶴ヶ島市庁舎504会議室
  • 宣告者
    石澤良浩(委員長)
  • 出席委員
    石澤良浩 細野啓子 萩原秀雄 河上亮一(教育長)
  • 説明員及び書記
    細川教育部長、串田教育部参事、山田市民生活部参事、松村教育総務課長、山下学校教育課主席主幹、内野教育センター所長、
    宇津木学校給食センター所長、天沼社会教育課長、新図書館長、袴田市民スポーツ課主幹、田中書記、小林書記、兼原書記
  • 傍聴者
    0人

会議録

≪開会≫
委員長
これより、平成26年第10回鶴ヶ島市教育委員会を開会いたします。
傍聴者については、会場の関係から定員11人とします。
なお、高篠雅惠教育委員より、都合により本日の教育委員会会議を欠席したい旨の届出書が提出され、受理しておりますので、ご報告いたします。
(本日傍聴者0名)
委員長
議事の前に、7月25日付けで 萩原秀雄委員が新たに教育委員に就任されましたので、萩原秀雄委員よりごあいさつをいただきたいと存じます。
萩原秀雄委員お願いいたします。
(萩原秀雄委員あいさつ)
委員長
ありがとうございました。それでは、議事に入らせていただきます。
≪日程第1≫ 平成26年第9回教育委員会会議録の承認を求めることについて
委員長
日程第1 「平成26年第9回教育委員会会議録の承認を求めることについて」を議題といたします。本件については、すでに配付した会議録のとおりです。
平成26年第9回教育委員会会議録を承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認めます。
よって、平成26年第9回教育委員会会議録を承認することに決しました。
≪日程第2≫ 教育長報告
委員長
日程第2 日程第2 教育長報告。
教育長より報告を求めます。
教育長
・平成26年度第3回校長会議(平成26年6月19日)
・平成26年度第3回西部教育事務所管内市町村教育委員会教育長会議(平成26年6月26日)
・平成26年度第4回西部教育事務所管内市町村教育委員会教育長会議(平成26年7月16日)
・平成26年度第4回校長会議(平成26年7月17日)
についての報告を行う。
委員長
その他、報告がありましたら挙手をお願いします。
部長
・平成26年第2回鶴ヶ島市議会臨時会(平成26年7月24日)
についての報告を行う。
教育部参事
・スクールガード講習会(平成26年6月25日)
・ALT(外国語指導助手)による親子英会話教室(小学生対象)(平成26年7月22日〜24日)
についての報告を行う。
教育センター所長
・平成26年度西部教育事務所教育支援担当・学力向上推進担当学校訪問(南小学校)(平成26年7月3日)
・平成26年度西部教育事務所教育支援担当・学力向上推進担当学校訪問(鶴ヶ島中学校)(平成26年7月7日)
についての報告を行う。
社会教育課長
・平成26年度第1回鶴ヶ島市社会教育委員会議(平成26年6月27日)
・平成26年度第1回鶴ヶ島市文化財保護審議委員会会議(平成26年6月27日)
・平成26年度鶴ヶ島市人権教育推進協議会総会(平成26年7月9日)
・鶴ヶ島市PTA連合会情報交換会(平成26年7月12日)
・平成26年度第1回鶴ヶ島市放課後子ども教室運営委員会(平成26年7月14日)
・平成26年度西部地区人権教育実践報告会(平成26年7月25日)
についての報告を行う。
市民生活部参事
・平成26年度第1回鶴ヶ島市公民館運営審議会会議(平成26年7月17日)
についての報告を行う。
学校給食センター所長
・岐阜県恵那市議会(総務文教委員会)行政視察受入れ(平成26年7月18日)
・夏休み学校給食センター探検隊(平成26年7月24日〜25日)
についての報告を行う。
委員長
ただ今の教育長報告に対し、ご質疑はありませんか。
委員
教育長からの報告の中に、教員の精神疾患による休職者数が増加しているというお話がありましたが、休職とはどのような状態なのでしょうか。
参事
有給の病気休暇が90日を越えると無給の休職になり、休職の期間は最長で3年となっています。休職に至る原因としては個々それぞれではありますが、対子どもたち、職場内、対保護者や地域との人間関係がスムーズに進まないということもあるようです。
委員
休職されている先生がいらっしゃる学校では、休職期間中の教員の人数が減ってしまうのですか。
参事
4週間以上の病気休暇、または休職の場合は代員発令の手続きをとります。しかし、本市を含め近隣市町村でも休職者が増えている状況ですので、代員の確保が課題となっています。特に中学校では教科が関係しますので、そのことがネックとなっています。
委員
中学校の先生で2教科の免許をもっている方はいらっしゃるのでしょうか。
参事
稀に2教科の免許をもっているという先生もいらっしゃいますが、これは本当に稀であって1教科の免許のみというのが一般的です。
委員
ゲートキーパー研修会はどのように実施するのですか。
参事
8月25日に市役所の会議室を会場に行います。各学校から2〜3名の参加をお願いしています。県立精神保健福祉センターの福祉部長さんを講師としてお招きし、2時間程度で実施する予定です。
教育長
ゲートキーパー研修会は昨年度さいたま市が初めて実施しました。これは新聞からの情報ですが、さいたま市は小中学生の自殺が多いということでした。そのようなこともあって、さいたま市は県内で自殺予防の取組が一番進んでいるところです。
委員長
他に質疑なしと認め、これをもって教育長報告を終了いたします。
≪日程第3≫ 議案第24号 鶴ヶ島市スポーツ推進審議会委員の委嘱について
委員長
日程第3 議案第24号「鶴ヶ島市スポーツ推進審議会委員の委嘱について」を議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(市民スポーツ課主幹より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
委員長
日程第4 議案第25号「平成27年度使用小学校用教科用図書の採択について」を議題とする前にお諮りいたします。
本件は、第10採択地区教科用図書採択協議会の選定結果について、7市町の教育委員会会議で審議するものであります。本市よりも後に採択について審議するところもあり、他市町の審議に影響を与えることもありますので、本議案の審議は非公開としたいと思います。
賛成の方の挙手を求めます。
(挙手)
委員長
挙手全員と認めます。よって、これより、非公開で審議することと決しました。
≪日程第4≫ 議案第25号 平成27年度使用小学校用教科用図書の採択について
委員長
日程第4 議案第25号「平成27年度使用小学校用教科用図書の採択について」を議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(参事より説明)
委員長
それでは、7月22日に開催されました第10採択地区教科用図書採択協議会の内容等について、教育長より報告をお願いします。
(教育長より報告)
委員長
先日の第10採択地区教科用図書採択協議会の報告を教育長からしてもらいました。
質疑に入る前に、各委員から担当しました教科について意見をお願いいたします。
教育長
国語についてお話します。光村図書出版株式会社の教科書は、「伝え合う力」の育成を図るために「話すこと・聞くこと」の学習内容として、声を出して身体を動かして伝え合う力の向上を図る「言葉の準備運動」というコーナーを設けていました。この様な学習は、コミュニケーション能力を含めた言語活動の充実を図る学習として工夫されていると思いました。
1年生の教科書には、学習する際の姿勢や鉛筆の持ち方について言葉の説明だけではなく、図や写真を用いて丁寧に示していて良いと思いました。
3年生以上の巻頭には、これから学習で身につけていくというコーナーが設けられて、児童自身が学習の流れを見通すことができ、自学自習にもつながるのではないかと思いました。
次に書写についてですが、教育出版株式会社の教科書は、毛筆の学習の際、右側に学習する文字があり、左側に技能のポイント等があり、1時間の学習が見開き1ページで完結されていて分かりやすいと思いました。また、穂先の通り道を朱墨と淡墨の2色を用いて示しており、その資料が見やすいと思いました。
学習内容を自分で評価できるように、「振り返ろう」の欄を全ての学年と単元ごとに設けていて、1年生2年生では、○をつけ、3年生以上では、3段階の評価をつけるようになっていました。また、毛筆学習が硬筆学習にも生かせるようにと、毛筆学習の前後で「試し書き」「まとめ書き」の欄を設けて、硬筆への意識付けと学習課題の定着を図っていると思いました。
次に社会です。東京書籍株式会社の教科書は、全学年で「つかむ」「調べる」「まとめる」「いかす」の学習過程で構成されていて、問題解決的な学習の流れに沿って授業が進むようになっていました。そのために児童の主体的な学びを促しているように感じました。
また、各学年の学習場面に応じた学び方を「まなび方コーナー」で示し、系統的に学習技能を身につけることができるように工夫されていると思いました。東日本大震災を契機に防災教育の充実が求められていますが、各学年で防災教育に関する資料等が豊富で良いとも思いました。6年生の歴史の学習では、抽象的だったり、複雑だったりするために理解しづらい用語について、用語解説を設けて理解を助けるとともに、児童の自学自習の際にも役立つように配慮してあって良いと思いました。
地図については、株式会社帝国書院の教科書は、「地図のなりたちとやくそくごと」のページで、基本図の読み取り方、地図の約束事、使い方を示し、地図指導の導入の4年生にとって、見やすく分かりやすく工夫されていると思いました。また、国土地理院発行の100万分の1の基本図をはじめ、最新の情報を収集して掲載し、産業、歴史などの絵記号や歴史地名・歴史事項を掲載していて良いと思いました。
各学年で学ぶ地域や都市、歴史遺産については、写真を掲載し児童自らが、調べ学習で活用できるようになっていて良いと思いました。
生活についてお話します。東京書籍株式会社の教科書は、豊富な写真や表情豊かな挿絵等の学習活動例が充実しており、児童の学習意欲が高められるだけではなく、教師も教材研究の際に役立てられるように工夫されていると思いました。
さらに、身近な植物を実物大で描き、色や形、大きさを比べたり、名前を調べたりできる「本当の大きさ図鑑」が設けられており、児童の主体的な学習につながる工夫であると思いました。
巻頭の「すたあと ぶっく」では、スタートカリキュラムの意義を伝えており、本市の幼保小連携を進めていく上でも有効に活用できるものと思いました。
委員
まず、算数についてお話します。東京書籍株式会社の教科書は、問題解決的な学習を通して、児童が自分の言葉で説明する活動を促す等、数学的な思考力・表現力を高められるように工夫されていると思いました。
学習の途中や単元末には「算数のお話し」や「算数新発見」というコーナーが設けられています。このコーナーの問題は、学習した内容を日常生活の中で活用する問題が掲載されており、これらの問題に取り組むことで、学習した内容を進んで生活に活用しようとする態度が育成されるのだろうと思いました。さらに巻末には、「補充問題」があり、そこには「似ている問題・少し難しい問題」の2つレベルの問題があり、児童の理解の定着度に応じて取り組むことができるようになっています。本市の放課後のびのび算数教室等でも十分に活用できるものと考えています。
次は理科についてお話します。世間では、理科離れが叫ばれているが、東京書籍株式会社の教科書は、1時間の学習の流れが統一されており、児童にとって考えやすいものとなっていると思います。観察実験についての準備するものや手順、器具の取り扱う際の注意事項なども示されており、安全にも配慮されていると思います。
各学年や中学校へのつながりとともに他教科との関連が図れるように示されていて、小中連携を図っている本市にとっても、中学校へ円滑に接続できる教科学習の1つになると考えます。
図画工作については、日本文教出版株式会社の教科書は、各題材の最初に学習のめあてとして、4つの観点が示されており、児童も教師も分かりやすく「めあて」を共有できると思いました。また、題材名や導入部分でのメッセージ、楽しい授業写真によって活動内容が分かり、児童は見通しを持って自分の思いを表現できるように工夫されていると思いました。
鑑賞作品は、同年代の児童作品だけではなく、高学年では外国や日本の伝統工芸品等が掲載されていて自然と美術作品に興味が持てるようになっていると思います。さらに、中学校との連携も図り、中学生の作品も紹介しており、小中連携の視点からも有効であると思いました。
各学年の最終ページには、「使ってみよう材料と用具」があり、材料の使い方が細かく示されていて、安全に注意しながら基礎的な技能を身につけさせる指導ができるようになっていると思いました。
委員
音楽についてお話します。株式会社教育芸術社の教科書は、発達段階に応じて、各学年に「歌い継ごう日本の歌」として童謡や唱歌等が取り上げられており、季節や歌詞に合わせた温かみのある挿絵とともにその曲への関心や意欲が高まるように工夫されていると思いました。
友達と協力したり、グループの中で意見交換したりしながら、1つの音楽を作るという教材があります。友達との関わりの中で、学習を進めていくことは、良いと思いました。
低学年では、イラストが多くあり、楽器の紹介やリコーダーの指の使い方は、写真やイラストで示されており、分かりやすいと思いました。
家庭について、開隆堂出版株式会社の教科書は、基礎的・基本的な知識及び技能を身につけるために、見開きで写真を多く取り入れ、手順や方法が順序立てて丁寧に示されており、児童だけでなく先生方にとっても理解しやすいように工夫されていると思いました。
言葉や図表などを用いて学ぶ活動場面が多くあり、話し合いや発表での言語能力の育成が図られるようになっていると思いました。さらに、欄外には、「ひと口メモ」として多くの用語や内容が解説されており、家庭科で使う語彙を増やしたり、理解を深めたりすることができるようになっており、便利だと思いました。 「安全マーク」等を用いて、安全に配慮した実習の仕方や用具器具の取り扱い方が、身につくように写真やイラスト等で提示していて良いと思いました。
保健についてですが、保健学習は、学んだ知識を将来の生活や実生活に結びつけることが大切な学習であると考えています。そこで、東京書籍株式会社の教科書は、学習の課題を明確にして、考えたり調べたりする活動を通してまとめが行われ、学習したことを活用してさらに理解を深めようと構成しています。このことは、得た知識を生活の中に取り入れていくための工夫された学習の流れだと思いました。
この教科書は、豊富な資料、多くの写真や最新のデータに基づくグラフや表などから自分自身の生活を振り返ったり、自分ならどう対処するかを考えさせたりすることにより、学習課題が自分に身近であると感じながら学習を進めることができるようになっていると思いました。
委員長
これから質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
委員長
次に教科書採択の公正さを維持するため、平成26年8月8日までは本議決書につきましては、非公開といたします。これにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本議決書につきましては、平成26年8月8日までは非公開とします。
≪日程第5≫ 議席の指定について
委員長
日程第5「議席の指定について」を議題といたします。
議席についてお諮りいたします。議席につきましては、
1番 石澤良浩
2番 細野啓子 委員
3番 高篠雅惠 委員
4番 萩原秀雄 委員
5番 河上亮一 教育長
に指定したいと思います。
これにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認めます。
よって、次回教育委員会から、ただいま配布されました議席表のとおりに指定することに決定いたしました。
≪日程第6≫ 会議録署名委員の指名
委員長
日程第6 会議録署名委員の指名を行います。
会議録署名委員に2番細野啓子委員を指名いたします。
≪閉会≫
委員長
以上で本日の日程は終了いたしました。
これをもちまして、平成26年第10回鶴ヶ島市教育委員会を閉会いたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育総務課です。

鶴ヶ島市役所 5階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?