生活と手続き・住環境

緑のカーテンの作り方・アサガオの場合

緑のカーテンの作り方

準備するもの プランター、培養土、園芸用ネット、突っ張り棒、小石、アサガオの種

種まき(5月上旬頃)

画像:種まき(5月上旬頃)01まず、プランターの底に薄く小石をしき、その上からふんわりと培養土を入れます。
種をまいたら、更に薄く土をかけて、水をあげましょう。
もし、あなたの家にお庭があれば、直接地面で育てましょう。その方が大きく育ちます。

画像:種まき(5月上旬頃)02種をまくちょうどよい深さは、人差し指の第1関節。

ポイント
アサガオは種が硬いので、種を一晩水につけておくと、芽が出やすくなります。

発芽・定植(5月下旬頃)

画像:発芽・定植(5月下旬頃)たくさん芽が出たら、10センチ間隔になるように抜いて、別のプランターに植え替えてあげましょう。
水はたっぷり、朝晩2回あげましょう。特に夏は、お水を忘れないでね。

ポイント

お米のとぎ汁や、お風呂の残り水を使えば、もっと環境にやさしいですね。おしゃれなボトルに入れておいたら水やりもたのしみです。

カーテン作り(6月頃)

画像:カーテン作り(6月頃)アサガオが大きくなって、つるが出てきたら、いよいよ緑のカーテン作りです。園芸用ネットを棒などに固定して、つるを巻きつけてあげます。
うまくつるが巻きつかない時は、ひもなどでつるをネットに結んだり、きれいなカーテンになるよう、※誘引してあげます。
※誘引:一度巻きついたつるを優しくほどいて、バランスよい方向に巻きなおすと、隙間のないきれいなカーテンができます。

元気なカーテンにするために、野菜くずは捨てずに、細かくして土に混ぜておくと良質な堆肥が作れ、生ごみも減りますね。

緑のカーテンは、つる性の植物であれば、アサガオ以外でも作ることができます。
たのしみいろいろ…緑のカーテンに適した植物

ヘチマ 実がなるたのしみ。葉が大きく、遮熱効果に期待。
ゴーヤ 実がなるたのしみ。成長は早いが、葉が薄く、風に弱い。
キュウリ 実がなるたのしみ。成長は早いが、手入れは慎重に。
フウセンカズラ 観賞用には愛らしい。葉が薄く、小さいが、軽量で育て易い。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?