生活と手続き・住環境

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは

新薬(先発医薬品)は20年から25年間特許に守られ、開発メーカーが独占的に製造販売できます。しかし、特許期間満了後にはその有効成分は国民共有の財産となり、他の医薬品メーカーが厚生労働省の承認を得れば製造・販売が可能になります。こうした医薬品の総称がジェネリック医薬品(後発医薬品)です。

 

医薬品 医療用医薬品
医師から処方される薬
新薬
ジェネリック医薬品
汎用医薬品 薬局薬店で販売される薬

新薬と同様の厳しい品質基準をクリア

医薬品は、薬事法により様々な規制が定められています。ジェネリック医薬品は新薬と同じ規制のもと、開発・製造・販売されます。平成9年から品質再評価がなされ、品質管理はより厳しいものとなっています。

医療費の削減にも

新薬を開発するには長い時間と多大な費用が掛かるのに対して、ジェネリック医薬品の開発期間は3~5年。そのため価格も新薬より安く抑えることが出来ます。ジェネリック医薬品を選ぶことは、薬代を低く抑え、自己負担額の節約や、伸びつづける医療費の削減も期待出来ます。

ジェネリック医薬品を希望するときには

  1. 医療機関で処方箋を受け取る
  2. 処方箋に「後発医薬品への変更不可」とする医師の署名がなければ、ジェネリック医薬品に変更出来る
  3. 薬剤師からジェネリック医薬品の特徴や価格、変更した際の注意点など説明を受ける
  4. 薬剤師の説明を参考に薬を選ぶ

※まずは、医師・薬剤師に相談しましょう。

ジェネリックカードの活用

医師や薬剤師に言いだしにくい方も、受付で保険証や診察券と一緒にこのカードを出せば、スムーズに意思表示をすることが出来ます。
保険年金課にもありますので、必要な方は窓口でお申し出ください。

 

 

 

 日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会のホームページ「かんじゃさんの薬箱」

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?