令和5年度の新型コロナワクチンの接種について

下記項目をクリックしていただくと、その情報にスクロールします。

感染による重症者を減らすことを目的として、国の接種方針に基づき令和5年度も新型コロナワクチン接種を実施します。なお、令和5年度の接種は、接種状況や時期に応じて接種できる対象者が異なります。
実施内容は下記のとおりで、追加接種と初回接種を行います。

111※新型コロナワクチンの全額公費による接種は令和6年3月31日で終了します。
 接種できる医療機関や予約可能日が少なくなっているため、接種を希望する方は早めの接種をご検討ください。


■令和5年度における新型コロナワクチンの接種のイメージ
https://www.city.tsurugashima.lg.jp/data/img/1692151391_936.png
※新型コロナワクチンの全額公費による接種終了について(2023年12月25日)[1.4MB]別ウィンドウで開く

追加接種

初回接種(※)完了者は、下記のとおり追加接種することができます。
※12歳以上の方、5~11歳の方は1・2回目の接種、生後6か月~4歳の方は1~3回目の接種

令和5年秋開始接種

対象者

初回接種を終了した生後6か月以上のすべての方

実施期間

令和5年9月20日から令和6年3月31日まで

ワクチン

オミクロン株(XBB.1.5)対応1価のワクチン
※ファイザー社の説明書はこちら
※モデルナ社の説明書はこちら
※第一三共社の説明書はこちら

接種券

  • 予約の集中による混乱を避けるため、前回のオミクロン株対応ワクチンの接種日順に、段階的に接種券を送付します。送付スケジュールは下記のとおりとなります。
  • 既に3回目~6回目の接種券をお持ちの場合は、お手元の接種券を使用し、予約をした後、オミクロン株(XBB.1.5)対応1価のワクチンの接種ができます。
    ※既に接種券をお持ちの方はお手元の接種券を使用できるため、下記の送付スケジュールの対象とはなりません。転入した方、接種券を紛失した方は接種券の発行申請が必要となります。

    接種券の発行申請は次のホームページからお願いします。
    接種券の発行申請、住所地外の届出について | 鶴ヶ島市公式ホームページ (tsurugashima.lg.jp)

65歳以上の方の接種券送付スケジュール

  第1スケジュール 第2スケジュール 第3スケジュール 第4スケジュール(予定)
接種券送付日 【発送済】
8月25日(金)
【発送済】
9月1日(金)
【発送済】
9月8日(金)
【発送済】
9月15日(金)

前回接種日
(オミクロン株対応ワクチン)

令和5年5月25日まで 5月26日から
6月10日まで
6月11日から
6月30日まで
7月1日から
7月12日まで

※第3・第4スケジュールは状況により送付日が変更となる場合があります。
上記の表は令和5年9月1日時点で65歳以上の方が対象となります。
以後、65歳以上で前回接種から3ヶ月が経過する方に順次発送いたします。

64歳以下の方の接種券送付スケジュール

  第1スケジュール 第2スケジュール

第3スケジュール

第4スケジュール
(予定)
第5スケジュール
(予定)
接種券送付日 【発送済】
8月25日(金)
【発送済】
9月1日(金)
【発送済】
9月8日(金)
【発送済】
9月15日(金)
【発送済】
9月22日(金)

前回接種日
(オミクロン株対応ワクチン)

令和4年10月25日まで 10月26日から
11月4日まで
11月5日から
11月18日まで
11月19日から
12月16日まで
12月17日から
令和5年7月12日まで

※第3・第4・第5スケジュールは状況により送付日が変更となる場合があります。
上記の表は令和5年9月1日時点で64歳以下の方が対象となります。
以後、64歳以下で前回接種から3ヶ月が経過する方に順次発送いたします。

接種場所

鶴ヶ島市または坂戸市の個別医療機関です。

接種券が届きましたら、予約方法をご確認の上、各医療機関等に予約をしてください。
医療機関の一覧は、下記のページからご覧ください。医療機関によって予約開始日が異なる場合があります。

  1. 直接予約する医療機関について
  2. 市予約システムから予約する医療機関について
  3. 坂戸市の医療機関について(坂戸市市民健康センターホームページ)

 

令和5年春開始接種

対象者

接種日時点で、65歳以上の高齢者、5歳から64歳以下の基礎疾患のある方、重症化リスクが高い方が集まる場所でサービスを提供する医療従事者や高齢者施設、障害者施設等の従事者等

  • 上記に該当しない方(例:64歳以下で基礎疾患が無い方など)は対象者ではないため、接種することができません。
  • 基礎疾患の範囲はこちらからご確認ください。

実施期間

令和5年5月8日から9月19日まで

ワクチン

オミクロン株対応ワクチン(ファイザー社またはモデルナ社)、武田社(ノババックス)ワクチンのいずれか
※ファイザー社製及びノババックスを接種できる医療機関は限られます。
※国からの供給や医療機関の予約状況によって種類を選べない可能性もありますが、重症化予防の観点から打てるときに打てるワクチンの接種をお願いします。

各ワクチンの効果や副反応等に関する説明書はこちらをご覧ください。

ワクチンの安全性と副反応についてはこちらをご覧ください。

接種間隔と接種回数

  • オミクロン株対応ワクチン:前回接種日から3か月経過後に1回接種
    例1:前回接種日(3、4、5回目のいずれか)が令和4年11月の場合は、開始日の5月8日から接種することができます。
    例2:前回接種日(3、4、5回目のいずれか)が令和5年3月20日の場合は、6月20日から接種することができます。
  • ノババックス:前回接種日から6か月経過後に1回接種
    例:前回接種日(3、4、5回目のいずれか)が令和4年12月15日の場合は、6月15日から接種することができます。

接種券

  • 65歳以上の高齢者の方に、予約の集中による混乱を避けるため、前回のオミクロン株対応ワクチンの接種日順に、段階的に接種券を送付します。送付スケジュールは下記のとおりとなります。ただし、他の市区町村で追加接種(3,4,5回目のいずれか)として、オミクロン株対応ワクチンを接種後、鶴ヶ島市に転入した方については、接種券の発行申請が必要となります。オミクロン株対応ワクチンを未接種の方は、お手元の接種券をお使いください。
  • 基礎疾患がある方や医療従事者等の方については、接種券の発行申請をする必要があります。

接種券の発行申請は次のホームページからお願いします。
接種券の発行申請、住所地外の届出について | 鶴ヶ島市公式ホームページ (tsurugashima.lg.jp)

65歳以上の方の接種券送付スケジュール

  第1スケジュール 第2スケジュール 第3スケジュール 第4スケジュール
接種券送付日 【発送済】
4月28日(金)
【発送済】
5月12日(金)
【発送済】
5月19日(金)
【発送済】
5月26日(金)

前回接種日(オミクロン株対応ワクチン)

令和4年11月20日まで 11月21日から
12月5日まで
12月6日から
12月20日まで
令和4年12月21日から
令和5年3月9日まで

上記の表は令和5年5月8日時点で65歳以上の方が対象となります。
以後、65歳以上で前回接種から3ヶ月が経過する方に順次発送いたします。

接種場所

鶴ヶ島市または坂戸市の個別医療機関です。

接種券が届きましたら、接種間隔をご確認の上、各医療機関等に予約をしてください。
医療機関の一覧は、下記のページからご覧ください。医療機関によって予約開始日が異なる場合があります。

  1. 直接予約する医療機関について
  2. 市予約システムから予約する医療機関について
  3. 坂戸市の医療機関について(坂戸市市民健康センターホームページ)

 

初回接種

12歳以上の方、小児(5歳~11歳)の方、乳幼児(生後6か月~4歳)の方の初回接種についても、引き続き実施します。接種希望がある方のうち、転入した方や接種券を紛失してしまった場合は、接種券を発行します。
※初回接種も追加接種と同様に、令和6年3月31日までとなります

初回接種を受けていない方へ

初回接種は、一定の間隔(下表参照)を空けて2回(生後6か月~4歳用は3回)の接種を受ける必要があります。追加接種を希望する方は、まずは初回接種を完了してください。

※各ワクチンの接種間隔

ワクチンの種類

接種間隔

ファイザー社(12歳以上用)

3週間 ※

ファイザー社(5歳~11歳用)

3週間 ※

ファイザー社(生後6か月~4歳用)

1→2回目:3週間

2→3回目:8週間

武田社(ノババックス)

3週間

※令和5年9月19日より前に1回目を接種していた場合、2回目は4週間の間隔をおいて接種してください。

接種券を紛失した方、転入した方へ

接種券を紛失した方などには、申請にもとづき再発行します。申請方法はこちらをご覧ください。

WEB申請の際、前回の接種日などの入力誤りや必要事項の入力忘れが多くなっていますので、お気を付けください。申請内容に疑義がある場合は、お電話で確認させていただいた上で接種券を発行します。日中連絡のつくお電話番号を入力してください。

接種後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度について

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になった、または障害が残った場合には、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

現在の救済制度の内容については、 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」(外部サイト)をご参照ください。

ワクチン接種に関する窓口

新型コロナワクチン接種に関するご質問やご相談については、内容に応じて国や県、市がそれぞれ役割分担をしています。

ワクチン接種に必要な接種券や接種機関などに関するご質問
個別接種(市WEBシステムを使用する医療機関のみ)の予約受付。

電話番号  0570-02-5672(ナビダイヤル)
FAX番号  049-227-3880(聴覚障害をお持ちの方)
受付時間  9時〜17時(平日のみ)

ワクチン接種部位の痛みや腫れ等の副反応について、医学的な知見が必要となるご相談
電話番号  0570-033-226(ナビダイヤル)
受付時間  24時間対応(土曜日・日曜日・祝日含む)
ワクチンに関する一般的なご質問
電話番号  0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間  9時から21時(土曜日・日曜日・祝日含む)

 

注意事項

  • 体調面からワクチンを受けられない理由がある人など、様々な人がいることから、ワクチン接種の有無で、差別的な扱いをすることのないよう、ご理解ご協力のほどお願いします。

  • 新型コロナウイルスのワクチン接種は無料です。「ワクチンを接種できる。後日全額返金するので、お金を振り込むように。」「高齢者はワクチンを打てる。予約金10万円を振り込んで。」といった内容の電話は詐欺です。また、市役所や保健所が予防接種のために、電話やメールで個人情報を聞くことはありません。市役所職員などになりすまし、個人情報を聞き出そうとする不審な電話も確認されているため、注意してください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは感染症対策課 新型コロナワクチン接種コールセンターです。

鶴ヶ島市保健センター内 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922番地10

電話番号:0570・02・5672

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?