新型コロナワクチン小児(5〜11歳)の接種について

  • 接種には保護者の同意が必要となるため、厚生労働省はその有効性や安全性のデータを踏まえ子どもと保護者が十分に話し合い、かかりつけ医とも相談して判断するよう呼びかけています。
  • 国により小児の3回目接種が実施されることになりました。今後、対象となる方には接種券を送付します。
    国作成「新型コロナワクチン接種(3回目)のお知らせ」
  • 小児ワクチンの追加接種(3回目)は、2回目接種から5か月以上経過後に接種します。

ワクチン接種に関する情報

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)

5歳から11歳のお子様と保護者の方へ新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省リーフレット)

接種券の発送

追加接種(3回目)

小児の3回目接種に伴い、初回接種(1・2回目)を完了した方へ接種券を発送します。
発送日は、令和4年9月16日(金)に発送します。接種券が届き次第、医療機関に予約することができます。
発送は、2回目接種から5か月経過する頃に、接種日順に発送しています。

初回接種(1・2回目)

今後5歳になる方については順次接種券を発送してまいります。

※これまでの初回接種(1・2回目)の発送スケジュール※

接種券発送日 予約開始日 接種開始日
令和4年2月28日(月) ①基礎疾患を有する方 接種券が到着し次第 令和4年3月7日(月)〜
②①以外の方 令和4年3月7日(月)〜 予約が取れた日から


転入された方へ

新型コロナワクチンを接種するときは、接種する日において、住民票所在地の市区町村で発行する接種券を使う必要があります。他の市区町村の接種券は使えません。以下に当てはまる場合で、ワクチン接種を希望する方は、接種券を発行しますのでご申請ください。

  • 転入前の市区町村で1回目のみ接種済で、2回目は未接種の方
  • これまで1度も接種していない方

申請方法
下記のホームページからご確認ください。
接種券の発行申請、住所地外の届出について | 鶴ヶ島市公式ホームページ (tsurugashima.lg.jp)
※転入前の市区町村で1回目のみ接種済の場合は、必ず1回目の接種記録をご申告ください。

接種の概要

対象

接種日時点で5歳以上11歳以下の方(5歳の方は誕生日の前日から接種が可能です)

  • 1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。
  • 一度も接種せず12歳を迎えた方は大人用ワクチンの接種となります。その場合、市コールセンターでご予約ください。接種券はそのまま使えます。
ワクチン

ファイザー社の小児用ワクチン
※12歳以上の方向けのワクチンとは用法・容量が異なるワクチンで、1回に接種する有効成分量は12歳以上の3分の1となります。

接種回数・接種間隔

【1・2回目】3週間の間隔をおいて2回接種
※1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

【3回目】2回目の接種から5か月経過後に3回目を接種
※5か月経過の例:2回目を令和4年4月25日に接種した場合、令和4年9月25日から接種することができます。

接種の条件
  • 感染症予防の効果と副反応のリスクについてご理解いただき、保護者の意思に基づき接種をご判断ください。
  • 接種には保護者の同伴と予診票に保護者の署名が必要です。
  • 他の予防接種(インフルエンザワクチンを除く)と新型コロナワクチンの同時接種はできません。前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空ける必要があります。

 

実施医療機関について(令和4年9月6日時点) 

市へ予約する接種機関と予約方法

予約は、接種回に応じた接種間隔をあけて、1~3回目をそれぞれ予約してください。
1回目~2回目:3週間、2回目~3回目:5か月

地区 名称 所在地 予約方法 備考
鶴ヶ島市 川野医院
(10月まで)
上広谷17-14
  • 市コールセンター
    電話:0570-02-5672
    (平日の9〜17時)

  • 聴覚障害をお持ちの方
    FAX:227-3880

  • WEB
    予約フォームはこちら

  • LINE(下記をクリック)
    LINEお友だち登録

坂戸市民の方は坂戸市の
医療機関をご利用ください。

 

鶴ヶ島医院 脚折1864-7
しんまちクリニック(9月まで)
※9歳~11歳のみ
新町2-23-23
厚友クリニック
(9月まで)
五味ヶ谷230-7

 

医療機関へ予約する接種機関

地区 名称/所在地 所在地 受入
体制
予約方法 備考(受付時間等)
来院 電話
鶴ヶ島市 若葉こどもクリニック 藤金333-2   080-9861-6660

午前:9〜12時
※日曜日を除く
午後:13時〜18時30分
※土曜日は18時、
水・日曜日を除く

坂戸市民は定期通院者
のみ受け入れ

坂戸市 藤井小児科医院 千代田4-14-12   049-283-7272  
おがわこどもクリニック 千代田1-5-7   049-282-3153
小林内科医院 山田町9-27 049-280-5700
渋谷こどもクリニック 日の出町
6-25-3F
049-284-1881
栄クリニック 日の出町22-10   049-227-6501
吉川クリニック

薬師町1

  049-282-5002
坂戸西診療所 北峰33   049-289-5111
花水木こどもクリニック にっさい花みず
木3-20-8
  080-5844-8732
町野皮ふ科 にっさい花みず
木3-15-13
  070-3195-2875

※受入体制  ◎:誰でも可  ○:かかりつけ患者

当日の持ち物

接種券(予診票一体型) 予診票にはあらかじめ必要事項を記入しお持ちください。
接種済証 何も記入ぜずお持ちください。
本人確認書類 各種健康保険被保険者証、マイナンバーカードのいずれか1点をお持ちください。
母子健康手帳 子どものワクチン接種履歴は母子健康手帳で管理しているため、ご持参をお願いします。
お薬手帳 基礎疾患をお持ちの方が、かかりつけ医と違う場所で接種する場合はお薬手帳を持参いただくと問診がスムーズです。

基礎疾患とは

基礎疾患とは、下記のとおり日本小児科学会が新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患として公表した一覧表に掲げるものとます。なお、予約や接種にあたり証明書などの提出を求めることはありません。自己申告でお願いします。

「新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等」(日本小児科学会hp)

接種の可否は、当日の問診医の判断となりますが、かかりつけ医ではない場所で接種される方は、通院や入院されている病院の主治医へ事前に相談することをお勧めします。

注意事項

ワクチンを早く受けている人や、体調面からワクチンを受けられない理由がある人など、様々な人がいることから、ワクチン接種の有無で、差別的な扱いをすることのないよう、ご理解ご協力のほどお願いします。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは感染症対策課 新型コロナワクチン接種コールセンターです。

鶴ヶ島市保健センター内 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922番地10

電話番号:0570・02・5672

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?