1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 附属機関(審議会・委員会)
  5. 鶴ヶ島市農業交流センター運営委員会
  6. 令和元年度第2回鶴ヶ島市農業交流センター運営委員会(会議録)
市政全般

令和元年度第2回鶴ヶ島市農業交流センター運営委員会(会議録)

日時

令和2年3月19日(木曜日)午後2時00分~3時00分

場所

農業交流センター 研修室 

出席委員

関口会長、平野副会長、秋吉委員、田島委員、千野委員、増田委員、宮本委員

欠席委員

上野委員

事務局

平野産業振興課長、小久保農業交流センター所長、田中農業交流センター主査

説明員

アイル・コーポレーション(株)所属 植村氏、佐藤氏、永野氏、伊藤氏

議題

  1. 令和元年度事業報告及び令和2年度事業予定について
  2. 指定管理者制度導入の進捗状況について

配布資料名

  1. 令和元年度第2回鶴ヶ島市農業交流センター運営委員会次第
  2. 農業交流センター・令和元年度事業実績【資料1】
  3. 農業交流センター・令和2年度年間スケジュール【資料2】
  4. 指定管理者導入スケジュール【資料3】

公開・非公開

公開

傍聴人数

なし

会議内容

会議概要

  • 農業交流センターの令和元年度事業報告及び令和2年度下半期の事業計画は、事務局案のとおり承認された。

  • 農業交流センターの指定管理者導入の進捗状況を説明し、意見交換した。

 

≪議事概要≫

議題1 令和元年度事業報告及び令和2年度事業予定について

会長 事務局に内容の説明を求めた。

事務局及び説明員 内容について説明した。

会長 各委員に質疑・意見を求めた。

委員 農業交流センターは、来年度から指定管理者制度を導入することとなっているが、事業予定の中で新規事業はどれか。

説明員 新規事業として、10月上旬に予定している「エコ工作教室」及び6月中旬に予定している「食品リサイクについて学ぼう」である。内容としては、体験以外に座学を含めたり、展示ブースを設けるなど工夫していく。

事務局 新規事業の補足説明として、例えば、これまで市がやっていた収穫体験では、野菜の収穫で終わっていたが、指定管理者からは、収穫した野菜を使って何か料理をして食べていただくなどの提案もいただいている。

委員 事業予定の郷土料理教室に、地元のサフランを使うなどの説明があったが、メニューはどのようなものを考えているのか。

説明員  メニューについては、参加者と一緒に考えていきたい。また、参加者募集については、新規に起ち上げるホームページにも掲載をしていく。

委員 農業交流センターの設置目的は、農業で交流していくことである。指定管理者の方には、ノウハウを含めて知恵を絞っていただきたい。また、地元のサフランを民間の力を借りて活性化を進めてもらいたい。

説明員  当社の実績として、寄居町の類似施設を受託し、売れ残ったみかんを農家から買い取り、みかんジュースに加工し、町の商工会を通じて販売しており、出荷も過去3年間伸びている。加工品は、需要と供給のバランスが重要な要素である。事前に調査・研究をしたうえで進めていきたい。

委員  サフランは作るだけでなく、消費を考えないといけない。例えば、インド料理店とタイアップするなど。

説明員  参考にさせていただく。

委員 市民農園の堆肥場清掃は、重労働である。指定管理者として小型のユンボを用意するなど、作業の軽減はできないか。

説明員  堆肥場清掃は、市民農園利用者との交流の場でもある。研究していきたい。

会長 各委員にその他の質疑・意見を求めた。

委員 (質疑等なし)

会長 事務局案の採決を求めた。

   (挙手全員・承認)

議題2 指定管理者制度導入の進捗状況について

会長 事務局に内容の説明を求めた。

事務局 内容について説明した。

会長 各委員に質疑・意見を求めた。

委員 選定委員会での業者選定に至るまでの期間が短く、手順が良すぎるように思えるが、理由は何かあるか。

事務局 選定委員会については、市の政策推進課が所掌しており、事務局では理由はわからない。

委員  4月1日以降は、農業交流センターからは市の職員はすべて引きあげるのか。また、市の関わりはどのようになるのか。

事務局 4月以降、市の職員は常駐しない。しかし、引継ぎもあるため、産業振興課の農政担当職員が、しばらくの間、行き来はする。施設の利用に当たっては、大きく変更になることはない。むしろこれまでは、日曜日、月曜日は職員が不在であったが、4月以降は、年末年始を除く毎日、事務所に指定管理者の職員が常駐することになり、利便性が良くなると思われる。

会長 議題(2)について、その他の質疑・意見を各委員に求めた。

委員  (特になし)

会長 意見なしのため、議題(2)の意見交換を終了した。

     すべての議題を終了し、議長職を降りた。

≪その他≫

事務局 議題以外のその他について、各委員に質疑・意見を求めた。

委員   現在、新型コロナウイルスの影響で、市内の公共施設が閉館中であるが、4月1日以降はどのようになるか。

事務局 来週中に庁舎内の対策本部の会議があり、その時に方針が決定する予定である。

委員 国連のSDGs(持続可能な開発目標)の7項目のエネルギーのクリーン化に合わせて、農業交流センターの照明をLDE化することは考えられないか。

事務局 照明のLED化については、費用対効果を考慮したうえで考えていく。現在のところ、農業交流センターの昼間の照明灯の利用率からすると、費用対効果を考えると難しいと考えている。

事務局 6月以降、市民農園の野菜の盗難や農具のいたずらなどが頻発している。市としても、看板を掲示したり、警察署に相談したりしているが、加害者は見つかっていない状況である。また、先日、市内でイノシシが目撃され、市でも職員が現地に直行するなど対応している。現在のところ、イノシシによる人的被害は報告されていない。市では、イノシシを目撃した場合には、刺激を与えないよう注意喚起をしている状況である。

事務局 他に意見等なしのため、すべての議題を終了し、会議を閉じた。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る