子育て・教育・健康・福祉

鶴ヶ島市内保育施設等における新型コロナウイルス対策の対応について

 新型コロナウイルス感染症に関する保育施設等での対応については、次のとおりとします。ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。 

【ケース1】

 通常時の対応
1 各保育施設の対応
・児童の健康観察を徹底すること。毎朝、体温を確認すること。
・手洗い・うがいの徹底、保育室等の頻繁な換気などにより環境保持を行うこと。
・室内の机やドアノブなどの手が触れる個所は、随時、消毒用アルコールなどによる消毒の実施を徹底すること。
・多くの児童が集合する行事は控えること。
・園外活動の行事は、「新しい生活様式」に配慮しながら実施すること(市内の感染状況により、中止又は延期すること。)。
・保護者や地域の方が集まる会議や集会等は、「新しい生活様式」に配慮しながら実施すること(市内の感染状況により、中止又は延期すること。)。
・上記以外の場合でも、地域の方々に対しては行事の案内を控えるとともに、不要不急の来所の自粛を求めること。また、職員や児童は外部の不特定多数の者との接触を極力避けるよう努めること。
・納入業者など外部からの来所者については、衛生保持に留意し、必要最小限にとどめること。原則、玄関までの入室とすること。
・保護者(送迎者)の入室も、可能な限り玄関までとすること。
・職員は毎朝検温し、健康管理を徹底すること。発熱や倦怠感等、健康に不安を感じた場合は所長に相談し、その指示を仰ぐこと。
2 保護者への対応
 下記のいずれかに該当する場合、保護者の判断で登所を自粛させること。
・児童に咳など風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合。
・児童に強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合。
  児童に症状がなくても、登所させることに不安を感じた場合は、保護者の判断で保育所を休ませること。
 保護者(送迎者)も検温し、37.5度以上の場合は、送迎は控えて別の健康な方に変わってもらうこと。
 送迎者が玄関より内部に入る場合は、マスク着用と手指消毒用アルコールによる消毒を徹底すること。 

【ケース2】

市内の民間保育園(地域型含む)・認定こども園、公立保育所、発育支援センターの関係者が濃厚接触者に特定された場合
 濃厚接触者には、登園自粛要請を行う。この場合の自粛期間は、感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間とする。 その他、必要な対応については、坂戸保健所に相談の上、決定する。 

 

【ケース3】

市内の民間保育園(地域型含む)・認定こども園、公立保育所、発育支援センターにおいて子どもや職員が感染した場合

 坂戸保健所と連携の上、感染者の状況の把握とともに、濃厚接触者の範囲の確認を行い、休園の判断を行う。
 また、保護者への周知については、個人情報に十分配慮した上で、保育所の対応について情報提供を行う。 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども支援課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る