市政全般

令和元年度第1回行政改革推進審議会(会議録)

日時

令和元年7月29日(月曜日)10時00分~12時00分

場所

市役所4階401会議室

出席委員

弓削多会長、金子副会長、綿貫委員、島村委員

欠席委員

宮﨑委員

事務局

伊東政策推進課長、内野主幹、梅田主任、竹谷主事補

議題

(1)行政改革実行プランの進捗状況(平成30年度)について (2)次期行政改革推進計画のあり方について

配布資料名

資料1 行政改革実行プランの進捗状況(平成30年度) 資料2 第6次総合計画と行政改革について

公開・非公開

公開

傍聴人数

0名

会議内容

会議概要

議題1 行政改革実行プランの進捗状況(平成30年度)について

(事務局から行政改革実行プランの平成30年度の取組状況について説明)

質疑応答等

 

会長   資料1の表紙にある一覧表のうち、平成30年3月末と平成31年 3月末の「財政の健全化」項目で、「計画どおり」の件数が減少、「計画以下」の件数が増加している。主な理由は何か。

事務局  計画で予定していた年度に実施できなかった取組が増えている。 前年度まで「検討」であったものが、年度が進んで「実施」になる など、予定では取組が進むこととなっていたものが、そのとおりにはなっていないことによる。

委員   取組㊿「職員提案制度の見直し」に関連し、鶴ヶ島版婚姻届の取組は良い取組と考えるが、これを今後も続けていく予定はあるか。

事務局  当初は、令和元年5月限定で考えていたが、市民から好評の声をいただいているので、継続的に実施したいと考えており、現在も継続している。

委員   鶴ヶ島版婚姻届は自分の周りにいる市民にも好評であり、若いカッ プルは鶴ヶ島市に婚姻届を提出したいと考えると思う。また、若手職員は自分の実績として自信につながるので、良い取組事例であ ると思う。

委員   取組(9)「既存無料サービスの有料化」について、近隣市町村の実施 状況も踏まえて検討するといった理由が多く見られる。しかし、 そのような理由で判断をするのではなく、市として市民サービスの向上につながるかどうかで判断するべきではないか。

事務局   今回の行政改革プランは、財源確保に重点を置いた計画内容となっている。しかし、行政としての業務は、市の歳出を削減することだけではなく、市民サービスを充実させることが第一優先であるため、そうした観点で検討したい。表現も再検討したい。

 

議題2 次期行政改革推進計画のあり方について

(事務局から、次期行政改革推進計画のあり方について説明)

質疑応答等

 

会長   現在、次期総合計画の策定中であり、それに併せて秋頃に次期行政改革推進計画のおおよその内容を示す予定とのことだが、その際には計画の形や、審議会の役割も見えると良い。

委員   本市に限らないが、社会と行政との間には時間の感覚に隔たりがあると感じる。そうしたズレを解消する仕組があれば良い。

事務局  これまで行政改革推進計画は、過去に策定した計画に基づいて毎年進捗状況を確認する形となっていたが、次期行政改革推進計画では、 社会情勢の変化等に合わせて取組自体を毎年更新していくことを考えている。

<審議終了>

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策推進課 政策担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る