エコな暮らしをはじめましょう

ライフスタイルを見直そう

 レジ袋や、簡単に使い捨てできるプラスチックのスプーンやフォーク、食品包装のプラスチックなどは、私たちの暮らしを便利にしています。しかし、そういった便利なプラスチック製品の多くは、そのサイズや形状からリサイクルに不向きとされ、リサイクルの対象となっていません。プラスチック製品をごみとして大量消費する暮らしから、お気に入りの製品を繰り返し、修理しながら大切に使う暮らしに変えてみませんか?

  • カバンの中に小さくたたんだエコバックを入れてみましょう!気に入った柄のエコバックなら、使うたびに気持ちも上がります♪
  • マイ箸、マイボトルなどを使ってみませんか?お気に入りの製品を繰り返し使うことで、ごみとなるプラスチック製品の使用を控えることができます。

 限りある資源を有効に活用し、ごみそのものを減らす環境に優しいライフスタイルに変えるため、今日から、今から、私たち一人ひとりにできることを始めてみましょう。

海が汚れるのを防ごう

 近年、海洋プラスチックごみ問題が話題となっています。これは、街中で発生したプラスチックごみ(レジ袋、ストロー、包装容器など)が、川から海へと流れ込むことが大きな要因となっており、その解決には、陸上での対策が重要です。

 鶴ヶ島市では、「鶴ヶ島市きれいなまちづくり運動」を実施し、自治会や市民団体などのみなさまにご参加いただき、地域の環境美化清掃を行っています。埼玉県は海に面していませんが、こうした陸地での取組が、きれいな海を作ることにつながります。環境美化活動等を通じて、ポイ捨てをしない・させない街づくりに、今後もご協力ください。

海ごみゼロウィーク(春・秋)

 環境省と日本財団は、増加し続ける海洋ごみ対策を目的として、5月30日(ごみゼロの日)、6月5日(環境の日)、6月8日(世界海洋デー)を含む、令和4年5月28日~同年6月12日を「春の海ごみゼロウィーク」、同年9月17日(ワールドクリーンアップデイ)から同年9月25日を「秋の海ごみゼロウィーク」と称し、全国一斉清掃キャンペーンを開催します。
 また、ごみを拾う際は、ごみ袋を運ぶ際は口をしっかりしばること、終わった後や休憩時には、手洗い、手指消毒をすることなど、適切な感染防止措置を実施してください。

 期  間:【春】令和4年5月28日(土)~同年6月12日(日)
      【秋】令和4年9月17日(土)~同年9月25日(日)
 目  的:海に流出するごみの約8割は陸(街)由来とされ、一度海に流出したごみを回収することは困難です。
      本取組は、海洋ごみ問題の周知啓発とともに、海洋ごみの流出を少しでも防ぐことを目的に実施します。
 内  容:全国一斉清掃活動(各地での清掃イベント実施の呼びかけ)
 参加方法:特設サイトにアクセスの上、応募フォームに団体名、実施予定日、活動場所等を入力してください。
      また、清掃活動の実施後は、特設サイト上にて活動報告をお願いします。
      【「海ごみゼロウィーク」特設サイト】https://uminohi.jp/umigomi/zeroweek/

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 環境推進担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファクス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?