1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 安心・安全
  4. 交通安全
  5. 交通安全対策
  6. 西入間地区「手をあげて横断歩道をわたりましょう運動」実施中
安心・安全

西入間地区「手をあげて横断歩道をわたりましょう運動」実施中

2018年のJAF全国調査では、埼玉県内の信号機のない横断歩道における車両の一時停止率は7.8%と、全国平均8.6%を下回る結果となりました。横断歩道を渡ろうとしている歩行者の通行を妨げないよう、一時停止をしなければならないという、歩行者優先意識はあるものの、「歩行者が渡るのかどうかわからない」というドライバーが多く、歩行者の意思がドライバーに伝わらないことが、一時停止率の低下に繋がる一つの要因となっています。

そこで、本運動では、

  • 横断歩道を渡ろうとする歩行者は、ドライバーに対して手を上げて、横断の意思を伝える
  • ドライバーは、横断歩道は歩行者優先であることを認識し、通行を妨げないよう一時停止する

この2項目について認識を浸透させ、安全な道路横断と歩行者保護の意識向上を図ることを目的としています。

安全な交通環境をつくるためには、お互いの思いやりがとても重要です。

歩行者が手を上げたりドライバーと目を合わせたりすることで、ドライバーは横断の意思を察しやすくなります。また、ドライバーが歩行者の存在に気付き積極的に一時停止することで、歩行者も横断の意思を示しやすくなります。

お互いの立場になって考え、明確な意思疎通を心掛けましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは安心安全推進課です。

鶴ヶ島市役所 3階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る