1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 生活と手続き・住環境
  4. 環境
  5. 緑のカーテンに挑戦中です!
生活と手続き・住環境

緑のカーテンに挑戦中です!

市役所庁舎において、緑のカーテンを育成しています。

緑のカーテンの効果

 緑のカーテンは、日陰をつくるだけでなく、葉の蒸散作用により周りの空気を冷やす効果があることから、エアコンの使用頻度を減らすことができ、省エネに繋がります。さらに、光合成を行う際に、CO₂を吸収するため、地球温暖化防止対策として大変有効です。

市役所南側

昨年度より、ホップで緑のカーテンに挑戦中です。

ホップとは?

 ホップはアサ科のつる性多年草植物で、蔓の高さはおおよそ7メートルから12メートルにまで成長していきます。1回植えると、植え替えの必要がなく、夏が終わってから剪定すれば毎年蔓が伸び、翌年も緑のカーテンとして育成できます。現在(令和元年7月10日時点)は、市役所の3階まで伸びています。

『ホップ1』の画像 『ホップ2』の画像

『ホップ3』の画像

ホップの毬花(まりばな)は、ビールの原材料として使用できるだけでなく、ハーブとして使用することもできます。現在市役所のホップも、毬花をたくさん付け、収穫が楽しみになっています。皆さんも是非、緑のカーテンを実施しましょう!

 

ホップを収穫しました!

ホップの毬花(まりばな)が収穫時期を迎えたので、さっそく摘み取ってみました。毬花を割ってみると、芯の周りにレモン色のルプリンがしっかりと詰まっていました。
調べてみると、どうやらこのルプリンが ビールにさわやかな苦味を加えてくれるそうです。せっかくのフレッシュホップをどうしようか悩んだところ、ビールに「 追いホップ 」するとおいしいとの情報があり、早速職員が自宅で試してみました。
結果は ・・・フレッシュホップのルプリンによって、とても爽やかなビールに!!
新鮮なホップの香りの中に、時間の経過とともに苦味が加わり、収穫時にしか味わえない贅沢なビールになりました。
  

また、収穫した毬花を乾燥させたホップティーにも挑戦してみました。
ホップは紀元前から薬用ハーブとして用いられてきた歴史があるそうで、鎮静効果や安眠のサポートに役立つのではないかと考えられているそうです。
お湯を注いで蒸らすこと10分。ほんのりと色付いたホップティーが出来上がりました。飲んでみると、口の中にホップの香がほのかに広がり……ほっこり、優雅なひと時を過ごすことができました。

『ホップティー②』の画像

 

市役所西側

アサガオで緑のカーテンに挑戦中です。

 『緑のカーテン7』の画像



8月20日 立派な緑のカーテンが完成しました!

『緑のカーテンA』の画像 『緑のカーテンB』の画像

赤紫や、青いアサガオの花が咲いています。薄い花びらが風に揺れる様子はとても涼しげです。
皆さんのお家の緑のカーテンの様子は、いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る