市政全般

令和元年第2回鶴ヶ島市農政推進審議会

令和元年第2回鶴ヶ島市農政推進審議会

【概要】

  • 日時   令和元年6月3日(月曜日)   13時25分~14時10分
  • 場所   鶴ヶ島市役所504会議室
  • 議題   鶴ヶ島市都市農業振興計画策定に係る農業振興の方向性と取り組むべき施策の答申について
  • 会議の要旨

鶴ヶ島市都市農業振興計画策定に係る農業振興の方向性と取り組むべき施策の答申について意見交換をする。

  • 担当   産業振興課農政担当   電話049-271-1111(内線234)

【会議録】

(出席者)

内野委員、比留間委員、小川委員、福島委員、長峰委員、平野委員、石川委員、毛須委員、秋吉委員、上野委員

(欠席者)

なし

(事務局)

町田部長、平野課長、荻島主幹、利根川主査

【鶴ヶ島市都市農業振興計画について】

(決定事項など)

次回の審議会では、今回の意見を集約し、「計画の素案」をまとめ、審議する。

(議題(会議の経過))

<事務局から都市農業振興計画の説明>

議題

1.鶴ヶ島の農業を支える担い手の確保・育成

  • 「農業経営体の経営力向上」について、同じ言葉が続くので別の言い方のほうがよい。
  • 市民には「援農サポーターと人手不足農家のマッチング」は理解しづらいのではないか。
  • 慣れていない援農サポーターでは、効率が悪くなるので、育成の準備期間が必要ではないか。
  • JAで実施している「農業塾」は育成の事業であり、ニーズがあれば参加者の連携を検討したい。

2.新鮮、安全で付加価値の高い農産物生産の促進

  • 意見なし

3.消費者と結びついた流通・販売の確保

  • 消費者へのPR活動が必要であり、PR活動への支援をお願いしたい。
  • 年間作物のカレンダーを作成してほしい。
  • ふるさと納税で季節に応じた農産物を記念品として、出荷できないか。

4.農地の保全・活用の促進

  • 意見なし

5.鶴ヶ島の農業・農地の持つ多様な機能を活かしたまちづくりの促進

  • 「農業・農村」という言葉は鶴ヶ島にそぐわないのではないですか。
  • 「市民農園の開設促進と市民農園の利用促進」については、主体は個人、市のどちらですか。→開設促進は個人の農業者への開設支援、利用促進は農園利用者を増やす意味である。

 

以上で本日の審議を終了いたします。慎重にご審議をいただき、ありがとうございました。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る