子育て・教育・健康・福祉

なぜ「食育」が大切なのか

~食は健康の基本です~

 

『家族共食』の画像


「食育」とは、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身に付け、
健全な食生活を実践できる力を育むことです。

人の一生の食事回数は、約9万回とも言われています。

その一つひとつの積み重ねが私たちの身体を作り、生活習慣病などとも密接な関係があります。
生涯を健康でいきいきと過ごすためには、子どもはもちろん、大人になってからも「食育」が重要です。

市では「みんなで創ろう未来の自分」を合言葉に、地域の皆さんと共に「食育」を推進しています。
日常生活でできる取組みを紹介しますので、まずは一歩から始めてみましょう。


 『食育身に付けたい5つのチカラ』の画像

「食育で育てたい食べる力(内閣府食育ガイド)より」

 

ライフステージに応じた食習慣

ライフステージに応じて、未来につながる健康的な食習慣を定着させていきましょう。
「第2次鶴ヶ島市健康づくり計画・食育推進計画より」

 

乳幼児期(0~5歳頃)

乳幼児期は、身体が発育し、味覚をはじめ感覚機能、咀しゃく機能等の発達が著しい時期です。
家族や友達と一緒に様々な食の体験を重ねて、食べ物への興味や食べる楽しさを育み、
生活のリズムを身に付けることも大切です。

□早寝・早起き・朝ごはんの生活リズムを作ろう

□手洗いやあいさつなどの食習慣をみにつけよう

□五感(味覚・嗅覚・視覚・触覚・聴覚)を刺激する食体験を増やそう

 

学童・思春期(6~19歳頃)

生活習慣や身体の基礎ができ、また、乳歯が永久歯に生え変わる時期です。
家族や仲間との関わりの中で、食に関する知識や体験を広げ、
健康や環境等に配慮した食を選択できる力を育むことが大切です。

□早寝・早起き・朝ごはんの生活リズムを作ろう

□身体によい食事(主食、主菜、副菜そろえた食事)を選択できるようになろう

□地域の産物の生産・加工など、食のあらゆる場面で交流や体験学習をしよう

□農産物の安全性や食物の廃棄、世界の食料事情にも関心を持とう

 

青年期(20~39歳頃)

就職や結婚などで生活習慣が変わり、ストレスや喫煙、朝食の欠食等の食生活の乱れによる肥満、
やせ等の健康上問題となる行動が蓄積される時期です。
自分の生活習慣を見直し、正しい知識をもち、健全な食生活を実践しましょう。
また、次世代の育成を担う時期でもあり、子供や家族等にも望ましい食生活を伝えていくことが大切です。

□朝ごはんを食べて生活習慣病予防を意識しましょう。

□野菜から食べ、1日350g(小鉢5皿、生野菜両手山盛り程度)の野菜を食べよう

□地元の新鮮な産物を選ぶ力、安全な食品を選ぶ力、食品を使い切る工夫を身につけよう

 

壮年期(40~64歳頃)

壮年期は、職場や地域、家庭において中心的な立場を担い社会的に充実した時期ですが、
生活習慣病の発症が増える時期でもあり、過労やストレスが重なる世代でもあります。
生活習慣病予防のための正しい知識をもち、健全な食生活を実践しましょう。
また、子供や若い世代に望ましい食生活や食文化を伝えていくことも大切な時期です。

□野菜から食べ、1日350g(小鉢5皿、生野菜両手山盛り程度)の野菜を食べよう

□香味やだしを活用しながら、薄味を心がけ、1日3食バランスよく(主食、主菜、副菜揃えて)食べよう

□地域の行事食や家庭料理を次世代に伝えよう

 

高齢期(65歳以上)

高齢期は、単身世帯も多く、孤食や加齢に伴う食欲の低下などで、栄養が不足になりがちです。
また、口腔の機能の衰えや、身体の変化が生じやすい時期です。
栄養(低栄養)以外にも口腔機能に注意し、自分にあった食生活の実践により、
健康を維持することが大切です。
更に、積極的に社会参加をして、様々な世代の方と交流をもち、次の世代に向けて、
正しい食の知識や行事食、郷土食等の食文化を伝えていくことも大切です。

□1日1回以上、共食する機会を持ち、食事を楽しもう

□1日3食(主食・主菜・副菜を揃えて)きちんと食べましょう

□魚・肉・卵・牛乳や乳製品・大豆製品のいずれかを毎食食べましょう(1食片手に乗る程度が目安量)

□口腔・残存歯・義歯を清潔に保ち誤嚥性肺炎の予防に努めましょう

□かかりつけ歯科医を持ち、定期的に歯科検診を受けましょう

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

鶴ヶ島市役所 5階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る