文化・スポーツ・市民活動

みんなで考えよう

スマホのルールとマナー

子供にスマホや携帯電話を持たせる際、一番の責任は保護者にあります

使用上の問題点だけでなく、利点も含めてしっかり親子で話し合いましょう

 

子供と決めよう使用ルール

  1. どんな使い方にしたいかを聞く
  2. 使い方に合わせて家族内のルール作り
  3. スマホ使用時の生活習慣の変化を考える
  4. ルールを守ることができる
  5. スマホの使い方が良くなる

1から5を成長に合わせて更新していく

子どもと考えようルールとマナー
ルール マナー
  • 夜8時以降は使用しない
  • 勉強中や食事中は使用しない
  • 親の許可なしにゲームで課金をしない
  • 子供部屋に持ち込まない
  • 早朝や深夜に電話やメールをしない
  • 電車やバスの中ではマナーモードにする
  • 知らない人を勝手に撮影しない、送信しない
  • 書店での本の一部を撮影しない
  • 歩きながら使用しない

トラブル防止のために

自分や友達、自宅の写真を気軽にアップすることで、意図せず個人情報を特定されてしまいます 

みんなの興味を引きたいという行動が、どういう事に繋がっているのか、よく考えよく話し合ってみましょう

ペアレンタルコントロールとフィルタリング

ペアレンタルロールとは、保護者が子供の成長に合わせて機能及び使用を制限する行為です

フィルタリングとは携帯事業者等が評価した情報で許可や遮断する事ができます

どちらも保護者自身がスマホの知識と新しい情報を学んでいく必要があります

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2017年11月17日
このページを印刷する
スマートフォン用ページで見る