市政全般

平成29年度第1回鶴ヶ島市立図書館協議会

日時

平成29年7月27日(木曜日) 14時から15時30分まで

場所

鶴ヶ島市立図書館2階視聴覚室

出席者

相澤委員、請地委員、佐野委員、松本委員、千葉委員、関委員、横山委員、岸田委員

欠席者

横田委員、井上委員

事務局

袴田生涯学習スポーツ課長、砂生生涯学習スポーツ課主査

傍聴人

2人

内容

議題

  1. 平成28年度の指定管理者モニタリングについて
  2. 平成28年度の図書館運営について

要旨

議題

  1. 平成28年度の指定管理者モニタリングについて、図書館協議会委員の意見を聴いた。
  2. 平成28年度の図書館運営について、図書館協議会委員の意見を聴いた。

 

会議の経過

  1. 開会
  2. あいさつ

 

協議事項

(1)平成28年度の指定管理者モニタリングについて

議長 議題1 平成28年度の指定管理者モニタリングについて、を議題とします。事務局の説明をお願いします。

事務局 

※資料1「平成28年度の指定管理者モニタリング資料」に基づき説明。

議長 皆さんのご意見を伺いたい。

委員 指定管理者が行うモニタリング項目と、今回提示された鶴ヶ島市指定管理者モニタリング結果の項目に違いがあるのはどうしてか。

事務局 指定管理者が行うモニタリング項目は、鶴ヶ島市指定管理者モニタリング基準に基づいて、指定管理者が自己評価するものである。鶴ヶ島市指定管理者モニタリング結果については、鶴ヶ島市指定管理者モニタリング公表指針によるものなので、内容に違いがある。

委員 高齢者サービスの改善をとあるが、かつては尊厳死協会の講座を開催したり、高齢者に対して丁寧に説明していただくなど、サービスは充実している。

委員 高齢の利用者に対しての意識付けをお願いしたい。若い利用者の肩身が狭くなっている。

委員 高齢者サービスだけでなく、ビジネス支援の改善も言われているが、こちらは40~60歳代対象だと思うが、こちらのサービス充実もお願いしたい。

委員 レファレンスの数が減っているのは。

事務局 以前は、一部の分室で、読書案内までレファレンスとして数えていたので、カウントの統一を図った。

委員 レファレンスは、数ではなく質を評価するべき。

議長 PDCAサイクルを取り入れ、この結果を元に、改善策を検討してほしい。

(2)平成28年度の図書館運営について

議長 議題2  平成28年度の図書館運営についてを議題とします。 鶴ヶ島市立図書館田山館長、説明をお願いします。

田山館長 資料1「平成28年度指定管理者モニタリング資料」及び「イベント実施状況参考写真」に基づき説明。

議長 皆さんのご意見を伺いたい。

委員 図書館主催の障がい者アート展について、障害のある人に対しての広報はどの程度だったのか。

田山館長 社会福祉協議会から紹介された施設に案内をした。その他、広報やホームページにも掲載した。

委員 小学校には出さなかったのか。作品を見ると障害のある人への考え方が変わると思うが。

田山館長 大人も対象だったので、小学校は出さなかった。今後は検討したい。

議長 行政をもっと巻き込んだ方がよい。

委員 調べる学習コンクールの出張授業を見たが、とても良かった。

委員 英語でおはなし会は、良い取り組み。子どもたちは、外国人とのふれあいを喜んでいる。

議長 他にご意見が無ければ、本日の審議を終了します。

閉会

スマートフォン用ページで見る