市政全般

平成28年第3回鶴ヶ島市国民健康保険運営協議会会議録

平成28年第3回鶴ヶ島市国民健康保険運営協議会会議録

 

開催日時 平成28年11月8日(火)午後7時00分~午後8時15分

 

出席者 高畠委員、坪井委員、長谷川委員、高沢委員、伊奈川委員、岩本委員、

増森委員(7名出席)

事務局 石島健康福祉部参事、松村保険年金課長、奥隅保険年金課主幹、

藤田、原野国民健康保険担当主査

 

議  題

 議事第1号 鶴ヶ島市国民健康保険運営協議会会長及び職務代理の選任について

 議事第2号 議席の指定について

 議事第3号 会議録署名委員の指名について

諮問第1号 鶴ヶ島市国民健康保険税条例の一部改正について

 

報   告

(1)資格証明書の交付状況について

(2)つるゴン健康川柳の応募結果について

 

会議の経過

 開 会

事務局 鶴ヶ島市国民健康保険運営協議会会長及び職務代理の選任について説明し、選考を依頼する。

仮議長 (選考後)会長に増森委員、会長職務代理に岩本委員が推薦されたことを委員に諮る。

   ※ 全員異議なし

仮議長 会長に増森委員、会長職務代理に岩本委員を決定することを告げ、仮議長の任を解く旨を告げる。

議 長 「議席の指定について」を議題とし、着席の議席を指定することでよいか諮る。

   ※ 全員異議なし

議 長 会議録署名委員の指名について」を議題とし、議席番号順の輪番制でよいか諮る。

   ※ 全員異議なし

 

事務局 鶴ヶ島市国民健康保険税条例の一部改正について資料を用いて説明する。

議 長 説明に対し、質疑を受ける旨を告げる。

委 員 本市では、平成28年度の国基準を平成29年度から対応するということでよいか。また、西部11市の状況のところで、富士見市と日高市は1年遅れでの対応、その外の9市は国基準で対応していると聞こえたが、本市を含めると数が合わないが。

事務局 1点目は、そのとおりである。2点目は、本市を含めた9市ということである。なお、富士見市と日高市については、大幅な引き上げになるため、他の9市よりも1年遅れ、実質的には2年遅れでの対応を予定しているということである。

委 員 現在は、政令の改正から1年遅れでの対応ということだが、平成30年度からの広域化後は、この賦課限度額の引き上げはどうなっていくのか。

事務局 現在、県と市町村において、ワーキンググループを設置し、各種の協議を進めており、この件についても議論がされると考えている。最終的には、統一的な対応という方向になるのではないかと考えている。

委 員 これまで、財政的にある程度豊かであった等の理由により賦課限度額を抑えてきた市町村もあるかと思うが、場合によっては、広域化後に賦課限度額を急激に上げなければならない市町村があるということか。

事務局 西部地区以外で基礎課税分の賦課限度額52万円よりも低いところは、蓮田市で47万円となっており、平成21年度ぐらいの基準状況となっている。また、新座市は49万円となっている。必ずしも県内統一が決定しているわけではない。ただし、市町村によっては、一度に引き上げるというところもあるが、それぞれの自治体の考えもあるため、富士見市や日高市のようなところもあると認識している。

委 員 市町村によってまだバラツキがあるようだが、広域化された以降もそうした状況が残るということか。県も認めるということでよいか。

事務局 推測だが、国の基準に合わせていく方向ではあるが、努力事項になるのではないかと考えている。今回の国保改革は、各都道府県によっても対応の相違がある。例えば、奈良県では、平成30年度の当初から県内統一の税率で対応する方向である。当然、国においては、最終的には県内どこに住んでいても同じ税率となるよう制度設計をしている。ただし、現実的には、それぞれ医療費や所得の格差があるため、徐々に統一的なものにしていくということだと考えている。

 

事務局 資格証明書の交付状況について資料を用いて報告する。

議 長 説明に対し、質疑を受ける旨を告げる。

 委 員 資格証明書と短期被保険者証との違いは何か。

 事務局 短期被保険者証は、有効期間が6か月と短いだけで、通常の被保険者証と他は何ら変わりのないものである。現在発行している短期被保険者証の有効期間は、平成29年3月31日までとなっており、窓口交付という形をとっている。これは、対象者との折衝の機会を確保するためのものであり、来庁時に納付相談等をさせてもらっている。

 委 員 短期被保険者証は、窓口で何割支払うことになるのか。

 事務局 通常の被保険者証と同じ負担である。

 委 員 短期被保険者証を医療機関の窓口に出すと、税金を滞納していることが分かってしまうということか。

 事務局 医療機関では、そこまでの情報はつかめないのではないかと考えている。ただし、有効期間が短いので、通常のとは何が違うのかと思われることはあると感じている。

 委 員 資格証明書の交付者は、医療機関の窓口で10割分を支払うことになるが、市へ7割分の返還を請求してくる人はいるのか。

 事務局 資格証明書の交付対象者を決定する前に、医療機関への受診状況も確認しているが、高額になるような受診履歴は確認されていない。風邪のような軽度の場合は、市販薬で済ませる等により医療機関への受診が無いことも予想される。

 

事務局 つるゴン健康川柳の応募結果について資料を用いて報告する。

議 長 説明に対し、質疑を受ける旨を告げる。

 委 員 この取り組みは、何年目になるのか。

事務局 平成26年度から実施しており、3年目である。

 委 員 応募数は、増えているのか。

事務局 平成26年度は47作品、平成27年度は40作品、今年度が48作品となっている。昨年度が若干少なかったため、今年度は、夏休み前に各小学校の4年生以上へチラシを配布したことにより応募数が増えた状況である。

 

 

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る