1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 市長の部屋
  5. 市長発言集
  6. 平成28年第4回議会定例会市長あいさつ
市政全般

平成28年第4回議会定例会市長あいさつ

はじめに

議員の皆様、おはようございます。本定例会の開会にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

本日は、平成28年第4回鶴ヶ島市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員の皆様にはご健勝にてご参集を賜り、誠にありがとうございます。

 

1年を振り返って

今年も余すところ1ケ月余りとなりました。この1年を振り返ってみますと、国内外を問わず多くの自然災害に見舞われた年でした。特に地震については、世界的には、インドネシア・スマトラ島沖、南米エクアドル、ニュージーランドにおいて、大規模地震が発生しています。

国内では、東日本大震災以降、北海道から九州まで度々、地震の災禍に襲われてきましたが、この4月には熊本地震が、10月には鳥取県中部地震が、そして先週火曜日にも福島県沖等でマグニチュード7.4の地震が発生しています。

本市では、熊本地震発生後、直ちに応急危険度判定士の資格を持つ職員を現地へ派遣しました。また、社会福祉協議会からも、被災者への相談支援専門員として職員を派遣しています。10月からは、被災住宅の応急修理に係る業務を行う事務職員の派遣も行っているところです。

地震大国日本にあって、本市は幸いにも地震等による大きな被害を受けてきておりませんが、何が起こってもおかしくありません。今後も、地震はもとより、異常気象による大型台風やゲリラ豪雨・大雪など、いつ発生するかわからない災害に備え、関係機関との連携を密にし、災害発生時の被害を最小限に止めるための方策を立て、市民の安心・安全の確保に努めてまいります。

政治の世界に目を向けますと、先のアメリカ合衆国大統領選で、ドナルド・トランプ氏が第45代大統領に選任されました。アメリカの動向は、世界中の政治や経済の秩序に大きな影響を与えるため、我々基礎的自治体としても注視せざるを得ません。グローバリズムの行方、格差と貧困、といった課題は、今後の地方創生のあり方に確実に影響してまいります。超高齢社会が津波のように押し寄せている我が国にあっては、深刻に受け止めなければならない事態です。 

こうした中、市といたしましては、「第5次鶴ヶ島市総合計画後期基本計画」の初年度として、2つのリーディングプロジェクトの推進、また、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づく交付金を活用した地方創生の具現化に取組んでまいりました。

農業大学校跡地活用につきましては、市議会において「農大跡地等整備の調査に関する特別委員会」を設置いただきました。進捗状況等についてご説明する中で、活発なご議論をいただいているところです。

企業誘致をはじめとした農業大学校跡地活用は、総合計画の2つのリーディングプロジェクトの一つ「水土里の交流圏の構築」の核となります。市といたしましては、今後も県と連携しながら、しっかりと取り組んでまいりますので、議員の皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

総合計画のもう一つのリーディングプロジェクト「共に支え合う仕組みづくり」の中心となる、地域支え合い協議会につきましては、本年6月に「西部地域支え合い協議会」「つるがしま中央地域支え合い協議会」が設立されました。本市のこの取り組みは、国の進めております「暮らしを支える地域運営組織」のビジョンにあって、郊外都市のモデルとなっています。今後とも市といたしまして、まち・ひと・しごと創成基本方針を踏まえ、多世代交流・多機能型の小さな拠点づくり、そして地域の暮らしと生活を守る支え合い協議会の設立と運営につき、積極的に支援してまいりたいと考えております。

 その他、国の地方創生交付金を利用して、いくつもの事業を展開しております。

8月7日に開催された「脚折雨乞行事」につきましては、「雨乞いのまち活性化ビジョン」を通じて、産業や生活に活力を呼び込むベース事業の展開を、市民や関係団体の皆様とともに図ってまいりました。当日は、駐日ミャンマー特命全権大使閣下ご夫妻にもご観覧いただくとともに、米国のテレビ局や中国の新聞社など海外のメディアでも放送されるなど、世界的にも注目を集めました。4年後には東京オリンピックも開催されることから、さらなるブランド力の発揮が期待されます。

3月末には、脚折雨乞を題材にしたパラパラ漫画ムービーを作成し、市のホームページやフェイスブックに公開し、大変に好評を博しました。11月1日からは第2弾を公開しております。

また、市内での就業機会を確保するとともに、地域経済の活性化を図る取り組みを進めてきました。その一環として、女性がつくる鶴ヶ島ブランドを募集し、最終審査を経て、2件を鶴ヶ島ブランドに認定しました。今後は、商店街の店舗を活用して拠点を整備するなど、起業・創業の総合的な展開に向けた支援を進めてまいります。

 

提出議案等について

次に、本定例会に提案させていただきました議案等について申し上げます。

人事に関する諮問が2件、条例に関する議案が10件、一般会計及び介護保険特別会計の補正予算が各1件、市道の認定及び廃止が各1件の16議案です。

内容につきましては、提案理由等により後ほどご説明申し上げますので、慎重ご審議のうえ、ご議決いただきますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課 秘書担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2018年3月23日
このページを印刷する
スマートフォン用ページで見る