子育て・教育・健康・福祉

平成28年第14回教育委員会会議 詳細

  • 日時
    平成28年10月18日(火曜日) 15時45分開会〜17時08分閉会
  • 場所
    鶴ヶ島市庁舎 5階504会議室
  • 宣告者
    浅子藤郎(教育長)
  • 出席委員
    浅子藤郎(教育長)  石澤良浩  高篠雅恵 萩原秀雄 武知美葉
  • 説明員及び書記
    細川教育部長、横山教育部参事、島田教育総務課長、内野学校教育課長、袴田生涯学習スポーツ課課長、
    岸田教育センター所長、松本学校給食センター所長、武田書記
  • 傍聴者
    1人

 

 

 

≪開会≫
教育長
これより、平成28年第14回鶴ヶ島市教育委員会を開会いたします。
傍聴者については、会議室の関係から定員10人とします。
教育長
議事の前に、10月1日付けで、武知美葉委員が新たに教育委員に就任されましたので、武知美葉委員よりごあいさつをいただきたいと存じます。武知美葉委員お願いいたします。
(委員あいさつ)
教育長
ありがとうございました。続いて、10月2日付けで、石澤良浩委員が再任されましたので、石澤良浩委員よりごあいさつをいただきたいと存じます。石澤良浩委員お願いいたします。
(委員あいさつ)
教育長
ありがとうございました。教育長職務代理には石澤委員を指名いたしました。議席につきましては、本会議から、配布されました議席票のとおり
1番 浅子藤郎教育長
2番 石澤良浩委員
3番 高篠雅惠委員
4番 萩原秀雄委員
5番 武知美葉委員
に指定することに決定いたしました。
≪日程第1≫ 平成28年第13回教育委員会会議録の承認を求めることについて
教育長
それでは議事に入らせていただきます。
日程第1「平成28年第13回教育委員会会議録の承認を求めることについて」を議題といたします。本件については、すでに配付した会議録のとおりです。
平成28年第13回教育委員会会議録を承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
教育長
異議なしと認めます。
よって、平成28年第13回教育委員会会議録を承認することに決しました。
≪日程第2≫ 教育長報告
教育長
日程第2 教育長報告
教育長
・平成28年度第5回西部教育事務所管内市町村教育委員会教育長会議(平成28年10月6日)
・平成28年度埼玉県都市教育長協議会第2回定例協議会(平成28年10月7日)
・第67回鶴ヶ島市市民体育祭(平成28年10月9日)
・サザンふれあい運動会(平成28年10月9日)
・平成28年度入間地区教育委員会連合会第2回理事会(平成28年10月12日)
・平成28年度入間地区教育委員会連合会全体研修会(平成28年10月12日)
についての報告を行う。
続いて、事務局から報告がありましたら挙手をお願いします。
学校教育課長
・臨時校長会議(平成28年9月28日)
・平成28年度学校指導訪問における西部教育事務所の訪問(平成28年10月4日)
・平成28年度第6回校長会議(平成28年10月12日)
についての報告を行う。
生涯学習スポーツ課長
・第67回鶴ヶ島市市民体育祭(平成28年10月9日)
についての報告を行う。
学校給食センター所長
・WHO(世界保健機関)及び国立保健医療科学院の共同による学校給食センター及び南中学校の視察(平成28年9月29日)
についての報告を行う。
教育長
ただいまの教育長報告に対し、御質疑はありませんか。
教育長
質疑なしと認めます。続いて、教育委員から御報告等はございますか。
委員
・市内小学校連合運動会(平成28年9月30日)
・平成28年度学校指導訪問における西部教育事務所の訪問(平成28年10月4日)
・第67回鶴ヶ島市市民体育祭(平成28年10月9日)
・サザンふれあい運動会(平成28年10月9日)
・平成28年度入間地区教育委員会連合会第2回理事会(平成28年10月12日)
・平成28年度入間地区教育委員会連合会全体研修会(平成28年10月12日)
 についての報告を行う。
委員
・市内小学校連合運動会(平成28年9月30日)
・平成28年度学校指導訪問における西部教育事務所の訪問(平成28年10月4日)
・第67回鶴ヶ島市市民体育祭(平成28年10月9日)
・平成28年度入間地区教育委員会連合会全体研修会(平成28年10月12日)
についての報告を行う。
委員
・市内小学校連合運動会(平成28年9月30日)
・平成28年度学校指導訪問における西部教育事務所の訪問(平成28年10月4日)
・第67回鶴ヶ島市市民体育祭(平成28年10月9日)
・平成28年度入間地区教育委員会連合会全体研修会(平成28年10月12日)
についての報告を行う。
委員
・サザンふれあい運動会(平成28年10月9日)
についての報告を行う。
教育長
ありがとうございました。それでは先ほど入間地区教育委員会連合会について報告させていただきましたが、学力学習状況調査について補足説明をさせていただきます。資料をご覧ください。参考として、秋田県の学力向上の取組が紹介されています。例えば、授業スタイルの統一、問題活用、学習規律の徹底、その他様々な工夫がされています。特に独りよがりの指導は許さないということで校内研修を一生懸命取り組まれているそうです。あとは、家庭学習の習慣をいかに確立させるかということが重要であり、そのために保護者の協力が必要だということです。
次のページに体力テストのポスターがありますが、体力も学力も授業や生活習慣が重要だという内容となっています。体力のことが書かれておりましたので、体力に関する資料をつけました。体力プロフィールシートですが、子どもたち個人の体力テストの状況を表したものとなっています。子どもたち一人一人に配られることになっており、現在の記録に対して、次の目標ということで第一目標から第三目標まで示され、通常第一目標は到達できるようなものとなっています。それよりももっと頑張ろうという意味で第二目標、第三目標が設定されています。この目標の設定の仕方は、過去の児童生徒の、これくらいの記録を出している子どもは、次はこれくらいの記録を出しているというデータがあり、それらをベースにしながら埼玉県で計算して出しているということです。さらに項目別得点表をつけていますが、これは、文部科学省が大体何歳くらいの子どもが、どのくらいの記録を出した場合に何点かということを絶対値で示したものです。さらに項目別得点をトータルして、総合評価としてA、Bなどと評価できるものとなっています。埼玉県では、総合評価として、例えばA評価、B評価、C評価を合計して80%以上にするなどとして体力向上の目標を立てています。このように見ていきますと、一人一人の子どもの伸びを見ていこうというものになっています。先ほど説明した県の学力学習状況調査も同様で子どもの伸びを見ていこうというものになっていることからこの資料を添付いたしました。次の資料は、平成28年度の埼玉県学力学習状況調査の教科に関する結果となっております。続く埼玉県学力・学習状況調査の分析以降については教育センター所長からご説明させていただきます。それではよろしくお願いします。
(教育センター所長より説明)
教育長
委員の皆様からご意見等はございますか。
委員
埼玉県学力調査の子どもの分析シートはこれから配布されるのでしょうか。
教育センター所長
結果につきましては、夏休み前に担任から結果の状況を説明しながら配布しています。
委員
先日藤小学校の学校訪問の際に、保護者の方と一人一人面談しながら学力調査の結果の話をしていると聞きました。保護者の立場からすると、学力調査の結果について、できなかったところや平均よりも低いところばかりに目が行きがちになってしまいますが、今説明にあったように、学力調査の結果は物差しであること、前年と比べお子さんはここができるようになっているなど、一言加えてもらえると保護者もできていることに目を向けられると思うので是非よろしくお願いします。
委員
秋田県の学力向上策についての話がありましたが、学習規律の徹底、朝読書・昼読書で読解力、補充学習などはまさに鶴ヶ島第一小学校の訪問で先ほどお話しさせていただきました。個を大切にしたら1つの授業だけではまかないきれないと思います。以前台北に行ったときに、台北の高校は7時間目、8時間目まで行っていました。授業が終わったのは17時を過ぎていました。他の国も学習には意欲を注いでいます。一人一人を伸ばす事を考えると、1つの授業だけではなく、どこかに秋田県の学力向上策にあるような時間をとらないと難しいと思います。20年ほど前から群馬の前橋高校や高崎高校は0時間目と7時間目授業を取り入れていたように思います。そういった取組がとても大事だと思います。体力テストのポスターでも書かれていますが、私はスポーツと勉強は切り離したらダメなのだと思います。以前川越高校で指導した時に、持久力の養成について研究発表をしたことがありました。懸垂を一つの例として取り上げました。川越高校では、5回、10回、15回の生徒が多く、5回までいかない子は5回を目標に、10回いかない子は10回を目標にして、何とか目標を成し遂げようとして取り組んでいました。1500メートル走でも、埼玉県の平均記録を上回るために生徒一人一人の記録をあと5秒縮めようと取り組んでいました。結果的に川越高校の平均はすごい記録になりました。この研究は、学力の高い子どもとスポーツとの関連についての発表でしたが、頑張りが利く子を育てることが大事なのだと感じました。資料にある「体力プロフィールを知ろう」も自分の記録を知って、次の目標に向かって挑戦することはまさにその通りだと思います。子どもたちがいかに先生の言うことを聞き、到達目標を目指すのか、子どもたちの考えが変わってくれば効果的な授業ができると思います。
教育長
非常に重要なお話だと思います。一番大きいのは小さい成功体験をいかに積み重ねていくのかということだと思います。いきなり大きな目標を掲げたとしても、子どもたちも諦めたり、嫌になってしまうと思いますが、見えるところに目標値を置き、次第に目標値を先に先に持っていくことが重要なのかなと思います。そういう意味では、皆で見えるところに目標値を置き頑張っていくことが、学校教育として大事なのかなと思います。本市でも朝読書や夏休みにもサマースクールなどに取り組んでいます。先生方にも随分努力していただいております。課題として、参加してもらえない子どもも中にはいるということで、粘り強く取り組む必要があると思います。
委員
体力、学力を数値で示されていますが、教育を数値だけで評価するべきではないことをおさえておく必要があるのかなと思います。
教育長
現状を把握するのにどう把握するか、ということだと思います。数値を一つの指標として見る、良いとか悪いとかということではないと思います。頑張ったら数値が上がるよねということだと分かりづらいので、次のここまで到達するよねということを具体的に示す必要があると思います。あくまで数値は手段の一つとして使っているということで勘違いしないようにする必要があります。他に御質疑はございませんか。
教育長
質疑なしと認めます。以上で教育長報告を終了いたします。
≪日程第3≫  会議録署名委員の指名について
教育長
日程第3 会議録署名委員の指名を行います。
会議録署名委員に、4番 萩原秀雄委員を指名いたします。
≪閉会≫
教育長
以上で本日の日程は終了いたしました。
これをもちまして、平成28年第14回鶴ヶ島市教育委員会を閉会いたします。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育総務課です。

鶴ヶ島市役所 5階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る