生活と手続き・住環境

生活習慣病重症化予防対策事業のお知らせ

  糖尿病は、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるだけでなく、重症化すると腎症、網膜症、神経障害など日常生活に大きな影響を及ぼす合併症を引き起こす病気です。重症化予防のためには、病気の早期発見と継続的な治療、食事や運動面での生活習慣の改善が重要とされています。市では、埼玉県及び埼玉県国民健康保険団体連合会と共同で国民健康保険被保険者を対象に特定健診のデータや医療機関受診状況を分析し、生活習慣病重症化予防対策事業を実施します。該当する方には、次のご案内をお届けします。(一部電話連絡を含む。)

受診勧奨のご案内

「受診勧奨通知」の郵送または、受託業者から電話連絡を行います。

対象者

  1. 糖尿病の治療が必要な方
  2. 糖尿病の治療を中断された方

保健指導のご案内

適切な食事の摂り方や適度な運動の実践など生活習慣病を改善するための「生活習慣改善支援プログラムのご案内」を郵送します。

対象者

糖尿病性腎症※の重症化リスクが高い方

 ※糖尿病性腎症

糖尿病の合併症の1つで高血糖状態が続くことにより、腎臓の機能が損なわれ血液中の老廃物を尿として排出できなくなり、最終的に腎不全となる危険な病気。

 

※なお、上記のご案内の送付を希望しない方は、5月18日(金曜日)までにご連絡ください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る